「性力剤|ペニス増大サプリ」効果比較ランキング|2020最新分析ver

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「性力剤|ペニス増大サプリ」効果比較ランキング|2020最新分析ver

昨年、元号が令和に改まり、いよいよ新しい時代の幕開けとなりました。しかし、男にはいつの時代も共通の悩みがあります。

それがペニスとセックスにまつまる問題です。

勃起してもペニスの硬さが今ひとつであまり大きくならない、中折れすることが多い、2回戦はちょっとムリ、正直彼女や奥さんは満足していないのではないか、という不安…。

そんなとき、あなたを勇気づけてくれるのが精力剤ペニス増大サプリです。

しかし、星の数ほどもある精力剤や増大サプリの中からいったい何を頼りに選べばいいのか、わかりませんよね。

口コミを参考にしたくても、ほとんどの口コミは商品をべた褒めするだけで、素人目にもサクラをつかったニセ・レビューだということがすぐわかってしまいます。

配合されている成分はなにがいいのか、成分の種類は多いほうがいいのか、値段の高い商品のほうが効くのか?疑問はいろいろありますが、それぞれの商品でどう違うのかがわかりません。

ところが!実は、精力剤やペニス増大サプリの良し悪しを判断するためのポイントはパッケージにちゃんと書かれているのです。

パッケージに表記されている原材料やカプセルのサイズなどをきちんと分析すれば、おのずと真実が見えてきます。

精力剤、ペニス増大サプリ選びに迷っている方々のために、本当に信頼できる精力剤とはどんなものなのか、プロの知識と経験を駆使して、膨大な数の精力剤からトップ3を選んでみました。

この記事を最後まで読めば、精力剤・増大サプリの本当の実力があなたにもきっとわかるはずです。

真の実力を持つ精力剤を選ぶ3つの重要ポイント

精力剤や増大サプリが持つ実力値はパッケージの成分表記から読み解くことができますが、それ以外にも精力剤選びには重要なポイントがあります

まずは精力剤や増大サプリを選ぶ際の3つの重要ポイントを押さえておきましょう。

効果を裏付ける配合成分の機能性と信頼性

パッケージ表記分析において最も重要なポイントは、「信頼できる方法で効果が証明された成分」を配合しているかどうかです。

まず、配合されている成分の機能性がきちんと確認されているかどうか、そして確認方法が科学的に正しい裏付けを得ているかが重要です。

「なんとなく効きそう」といったイメージで選ぶのではなく、どのようなメカニズムで何に効くのかが確認されている成分、あるいは効果が疫学的に証明されている成分を選びましょう。

今回選んだトップランク3製品に配合されているシトルリンやアルギニン、必須ミネラルの亜鉛などは勃起に不可欠な成分であることがあきらかにされています。

また、マカやトンカットアリは世界中で効果や機能性が研究されています。

実は効果よりも重要な安全性

バイアグラをはじめとする医薬品のように、どんなに効果の高い成分でも副作用など人体に有害なリスクがあっては本末転倒です。

海外製品は粗悪品が多く日本では承認されていない医薬品が混入している可能性が高いのでできるだけ避けましょう。

特に、ネットで個人売買されているような海外製品にはニセモノが多く、なかには有機溶剤や重金属など有毒物質が混入しているケースもあります。

安いからといって安易に手を出さず、製造工程の品質基準がしっかり管理された国産品を選ぶべきです。

今回、選びに選び抜いたトップランク3製品は、すべてしっかりとした品質管理のもと製造された国産品ですので、安心して使用することができます。

コストパフォーマンスが高い

星の数ほどもある精力剤は、商品の価格もピンからキリまであり、高いものでは1か月分で数万円もする高価な商品もあります。

しかし、よほど特殊な素材や成分を使用しているのでなければ、原価が大きく変わるものではありません

群を抜いて値段の高いものは必要以上の利益を商品に上乗せしている可能性が高く、逆に極端に安いものは、重要な成分が配合されていなかったり、成分名が表記されていてもほんのわずかしか含まれていない可能性があります。

即効性のかわりに副作用のリスクがある医薬品と違って、精力剤やサプリメントはある程度の期間継続することで身体が持つ本来のパワーをよみがえらせます。

セックスのときだけ服用する勃起補助薬と違い、毎日飲む精力剤は適正な価格設定がされている製品を選ぶことが重要です。

経済的な負担が大きくて続けられないようでは良い製品と呼ぶことはできません。

また、定期購入でしか買うことのできない商品を販売するメーカーは、顧客の利益よりも自社の利益を優先する方針とみなし、ランキングから除外としました。

真の実力を持つ精力剤/ペニス増大サプリTOP3はこれ!

精力剤を選ぶための3つの重要ポイントを満たしていることを前提に、さらにそれぞれのパッケージを詳細に分析、実力値を比較検討した結果、以下の3製品がTOP3となりました。

総合1位 ベガリア

ベガリア画像

精力・性欲アップ度 ★★★★★
ペニス増大パワー ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★☆☆

 

⇒ベガリア公式WEBサイト

 

総合2位 ゼノシード

ゼノシード画像

精力・性欲アップ度 ★★★★☆
ペニス増大パワー ★★★☆☆
コストパフォーマンス ★☆☆☆☆
(※期間限定で★★☆)

 

⇒ゼノシード公式WEBサイト

 

総合3位 ヴォルスタービヨンドブラスト

ヴォルスタービヨンドブラスト画像

精力・性欲アップ度 ★★★☆☆
ペニス増大パワー ★★★☆☆
コストパフォーマンス ★★★★★

 

⇒ヴォルスタービヨンドブラスト公式WEBサイト

 

それでは、順を追って各製品毎に詳細解説してまいります。

総合3位【ヴォルスタービヨンドブラスト】600mgの巨大カプセルに格納された増大パワーが武器だが、ムダな成分も多すぎる

精力増強メンズサプリとして人気を博したヴォルスタービヨンドのバージョンアップ版がヴォルスタービヨンドブラストです。

2019年5月にリニューアルされたブラストの特徴はこのようになっています。

  1. カプセルの内容量を445mgから500mgに増量
  2. 1箱の内容量を90カプセルから120カプセルに増量
  3. 主要成分シトルリンを1日あたり1,043mgに増量(旧製品の約1.3倍)
  4. 主要成分アルギニンを1日あたり421mgに増量(旧製品の約1.5倍)
  5. 配合成分を旧製品の61種類から236種類に増加(旧製品の約3.8倍)

数字を見る限りではかなり強力なパワーアップが施された印象ですが、その実力はいかほどのものでしょうか。

ヴォルスタービヨンドブラストのパッケージ表記から分析してみたいと思います。

原材料表記の記載順は下記のようになっており、ここまでが主成分です。

L-シトルリン、やまいも抽出物、植物混合抽出物(キバナオウギエキス、田七人参エキス、マルトデキストリン)、亜鉛含有酵母、黒胡椒抽出物、植物抽出物(ナルコユリ、クコの実など8種類)、動植物混合粉末(マカ、ムクナなど17種類)、植物混合末(モリンガ、マカなど8種類)、植物発酵エキス末(デキストリン、てんさい糖蜜など4種類他)、食用酵母(マンガン、亜鉛などミネラル7種類)~L-オルニチン

/で区切られた添加物は次のとおりです。

L-アルギニン、ゼラチン、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、カラメル色素、二酸化ケイ素、ビタミンC~ビタミンB12

1番最初の表記は1日あたり1,043mg配合されているというL-シトルリンです。

次に表記のある「やまいも抽出物」は公式サイトにあるジオパワー15と思われますので、1日分で約220mg含まれていることになります。

ジオパワー15は山芋に特有のジオスゲニンという成分を抽出したもので、DHEAの分泌を促進すると考えられています。

DHEAはテストステロンのもととなる性ホルモンで、若返りホルモンとも呼ばれています。

昔から滋養強壮によいといわれる山芋パワーの源といえるでしょう。

3番目に表記されている植物混合抽出物はキバナオウギと田七人参の混合物「アストラジン(AstraGin?/メイプロインダストリーズ社製)」で1日あたり50mgが配合されています。

オウギ(キバナオウギ)とニンジン(田七人参)のいずれも漢方生薬として知られていますが、アストラジンは他の栄養素の吸収率を高めるための成分です。

4番目に表記のある亜鉛含有酵母ですが、公式サイトによると亜鉛は1日分で12mgとあります。

体内での亜鉛の機能は多岐にわたりますが、生殖機能としては精子の合成に関わり、セックスミネラルとも呼ばれます。

5番目に表記されている黒胡椒抽出物はアストラジンと同様、他の栄養素の吸収を高めるバイオペリンRで、公式サイトにはメーカー推奨の5mgとあります。

ここまでの配合量を総合すると、1日目安量2,000mg(カプセル4個分)に対して、以下の6成分で1,751mgとなります。

L-シトルリン 1,043mg
ジオパワー15 220mg
アストラジン 50mg
亜鉛 12mg
バイオペリン 5mg
L-アルギン(添加物、強化剤として) 421mg

ということは、上位6成分以外の成分すべてを合計しても249mgにしかなりません

ヴォルスタービヨンドの公式サイトには成分量236種類とありますから、残りの230種類で249mgということになります。

仮に、主要6成分以外の230成分を均等に配合しても、1成分あたりわずか1mgほどしか配合できないことになり、もしも配合量の割合に差をつけるとするなら原材料名の下位に表記されている成分は1mg以下になってしまいます。

ビタミンやミネラルのように1mg以下でも生体機能に影響を与える化合物はありますが、これらはすべて単独の化合物です。

天然の動植物を粉末にした素材には、目的とする機能性成分以外の不純物が大量に含まれますので、天然物のエキスとしてわずか1mgでは身体に対する影響は皆無といっていいでしょう。

ひと言でいえば「毒にも薬にもならない」ということです。

しかも、ヴォルスタービヨンドブラストに配合されている成分の多くが、複数素材の混合抽出物や混合粉末です。

これらの混合末にはデキストリンを含んでいるものが多く、9番目に表記のある植物発酵エキス末に至っては、「デキストリン、てんさい糖蜜、黒砂糖、ヨモギ、ウコン、その他」とあります。

いったい何を目的に配合されたものなのでしょうか。

以上を総合して考えると、ヴォルスタービヨンドブラストに期待できるのは、シトルリン/アルギニンとジオパワー15のみで、アストラジンとバイオペリンがこれらの吸収率を高めるサポート役として配合された製品ということになります。

また、シトルリン/アルギニンと共に体内回路を構成するオルニチンは、なんと原材料名の最下位に表記されており、原材料の中では最も少ない配合量となっています。

主要成分のジオパワー15はDHEAに対する影響力はあるものの、トンカットアリのようにテストステロンに直接働きかけるものではありません。

この結果、ヴォルスタービヨンドブラストは1日目安量こそ2,000mgと群を抜いているものの、精力・性欲アップの魅力に欠け、ペニス増大パワーもオルニチンを除いたシトルリン/アルギニンだけに頼らざるを得ない配合です。

シトルリン/アルギニンの摂取量の多さと吸収率を高めるアストラジン/バイオペリンにより、勃起力に対する期待値は高いものがありますが、総合力としては第3位に甘んじる結果となりました。

 

ヴォルスタービヨンド公式WEBサイトはこちら!

 

総合2位【ゼノシード】余分なものを一切省いた少数精鋭タイプだが、一箱あたり内容量の少なさが唯一の弱点

ゼノシード画像

 

ベガリアに次いで総合2位にランクインしたのが、徹底してムダな成分を排除し、シンプル・イズ・ベストを体現する精力サプリ、ゼノシードです。

ゼノシードの配合成分は全部で9種類、添加物も強化剤のアルギニン以外はカプセル外被のゼラチンのみ、という徹底ぶりです。

成分の種類が少ない分、潤滑剤や賦形剤などが不要となり、さらに香料、着色料、保存料といった添加物も一切含んでいません。

カプセルの外被はゼラチンのみだと湿度に弱く、加工も難しいと思われますが実に潔い仕様となっています。

配合されている原材料は、多い順にL-シトルリン、トンカットアリ末、マカ末、スッポン末、ビール酵母(亜鉛含有)、アカガウクルア末、ムクナ抽出物、ガラナ末、そして強化剤のL-アルギニンを加えた全9種類のみ

最近の精力剤やペニス増大サプリは100種類を超える原材料を配合するのが半ばトレンド化していますが、極限まで無駄を省いたシンプルなつくりはユーザーの立場から見ると逆に共感を覚えます。

シトルリン、トンカットアリ、マカ、アカガウクルアについてはベガリアの項で説明したので、ここではゼノシードの特徴であるムクナ抽出物について掘り下げてみたいと思います。

ムクナとはマメ科の植物で、日本では八升豆と呼ばれますが、熱帯原産のため国内ではあまり栽培されていません。

ムクナの豆には約5%の割合でLドーパが含まれており、インドの伝統医学アーユルヴェーダではリウマチや催淫剤、強壮剤として知られています。

脳から脊髄へと連なる中枢神経系にはドーパミンという神経伝達物質があり、特に脳内では自らに快感を与える快楽物質として働いています。

おいしいものを食べると幸福な気持ちになるのはドーパミンが放出されるからで、セックスの気持ちよさもドーパミンの働きによるものです。

セックスや食べ物などで得られる快楽は、ドーパミンが働く報酬系と呼ばれる神経回路で起こりますが、ムクナ豆によってLドーパが供給され、報酬系が活性化することで男性不妊の改善や精子の機能向上がみられたとする研究報告が複数あります。

スッポンやガラナについては、勃起や精力向上に関する具体的な研究成果はありませんので、これらに含まれる栄養素は補助的な役割と考えていいでしょう。

ゼノシードで残念なのは直接ポリアミンの増加につながるオルニチンが配合されていないことと、350mgのカプセルが30粒という内容量の少なさです。

ベガリアの1日目安量が1,360mgなのに対して、350mgというのはいかにも少ない印象です。

ゼノシードの公式サイトでは、2020年1月時点で数量限定ながら1箱60カプセルへの増量キャンペーンが実施されていますが、それでもまだ1日目安は700mgです。

また、カプセルの重量を差し引くと、1カプセルあたり正味300mg程度、2粒でも600mg弱となります。

ゼノシードは成分を極限まで絞り込んでいるため、各成分の持つ良さがいかんなく発揮されるでしょう。

また、カプセル材以外は一切添加物を使用していない安心安全な製造にも感心してしまいます。

ほかにはないムクナによる報酬系の活性化もたいへん魅力的なのですが、残念ながら内容量の少なさで第2位に甘んじることとなりました。

 

ゼノシード公式WEBサイトはこちら!

 

総合1位【ベガリア】精力増強とペニス増大パワーのバランスに優れたオールラウンドプレイヤー

ベガリア商品画像

ベガリアの主要成分はアミノ酸のシトルリン、アルギニン、オルニチンと、機能性ハーブのアカガウクルア、トンカットアリ、マカ、さらに必須ミネラルの亜鉛です。

これらに金時ショウガ、ニンニク、イチョウ葉などの血管サポート成分を加えた約30種類が配合されています。

勃起パワーの源「シトルリン、アルギニン、オルニチン」

ペニスを勃起させる原動力は海綿体に流れ込む血流量の多さにあります。

海綿体には無数の毛細血管があり、勃起信号を受け取ることで毛細血管が拡がり、大量の血液が流れ込みます。

海綿体の毛細血管に限らず、動脈血管の外側は「平滑筋」という筋肉でできており、ペニスを最大限に増大させて、硬い勃起にするためには平滑筋をゆるめることと、自由自在に伸縮できる血管の柔軟性が必要です。

必須アミノ酸のアルギニンは平滑筋の細胞内で一酸化窒素(NO)をつくり出しますが、NOは血管壁の平滑筋をゆるめるシグナル伝達物質を増やし、活性化させます。

アルギニンは肉や魚などのたんぱく質に含まれていますが、身体の中に入ると肝臓で分解されてNOの産生以外にもさまざまな働きに使用されてしまうため、サプリメントなどでアルギニンをたくさん摂っても、勃起のために使える量はわずかです。

そこで注目したいのがシトルリンです。

シトルリンもアミノ酸ですがアルギニンほど役割は多くなく、サプリメントなどで摂取するとそのほとんどが身体の中でアルギニンに変換され、NO産生に利用されるのです。

また、アルギニンはNOをつくり出したあと再びシトルリンにリサイクルされるので、シトルリンの摂取はアルギニンを直接摂るよりも体内のアルギニン量を増やすことができるのです。

アルギニンにはNOをつくり出す以外にも多くの役割がありますが、そのひとつがアンモニアを分解する働きです。

有害なアンモニアを分解する過程で、アルギニンはオルニチンをつくり出しますが、オルニチンは酵素と反応することでポリアミンという物質に変換されます。

ポリアミンは細胞分裂に不可欠な物質で、細胞分裂が盛んな精子工場である睾丸に多く存在しています。

ポリアミンには免疫機能の活性化や細胞の老化を防ぐアンチエイジング物質としての作用もあり、高齢者医療の現場からも熱い注目を浴びています。

また、ポリアミンをつくり出したあとのオルニチンも、アルギニンと同様にシトルリンへとリサイクルされます。

これら3種類のアミノ酸はアルギニンを中心に、合成と分解を繰り返していますが、シトルリンはアルギニンの体内量を増やしてNOをつくり出し、アルギニンは成長ホルモンやオルニチンを増やし、オルニチンはポリアミンを合成してシトルリンへとリサイクルされます。

勃起の源であるNOをつくり出すために最も多く摂るべきはシトルリンですが、これら3種の最適な摂取バランスについては明らかにされていません。

ベガリアではこのバランスを黄金比率と呼び、成分特許の取得を目指しています。

 

ベガリア公式WEBサイトはこちら!

 

精力を増強し、男を奮い立たせる「アカガウクルア、トンカットアリ、マカ」

勃起力の強化に必要なのは血管力と血流量ですが、そもそも勃起を引き起こすための性欲や、ペニスの硬さを高めて2回戦をも可能にする精力を手に入れるにはなにが必要でしょうか。

それはズバリ「テストステロン」です。

男が男であるために不可欠な男性ホルモンは別名アンドロゲンと呼ばれるステロイドホルモンです。

アンドロゲンにはテストステロンのほか、DHT(ジヒドロテストステロン)やDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)などがありますが、男性ホルモンとしての作用の中心はテストステロンです。

テストステロンは性欲と精子の合成に深く関わっているほか、筋肉などたんぱく質の合成や集中力、闘争本能にも関係しています。

テストステロン値が低いと、精力や性欲の減退だけでなく、生活習慣病の発症や認知機能の衰えにもつながることが知られています。

テストステロンも他のホルモンと同様、年齢と共に体内量が減少していきます。

しかしそれだけではありません。

体内のテストステロンには、アルブミンというたんぱく質と結合したもの、グロブリンというたんぱく質と結合したもの、他の物質と結合せず単体で存在するフリーテストステロンの3種類があります。

このうち、男性ホルモンとして機能するのは、わずか1~2%しか存在しないフリーテストステロンと、一部のアルブミン結合テストステロンだけです。

テストステロンの総量だけでなく、グロブリン結合テストステロンの割合が増えたり、フリーテストステロンが減少すると男性機能の低下が起こります。

あの薬と同じメカニズムで勃起を助けるアカガウクルア

インドやタイの原生植物であるアカガウクルア(別名ソフォン)DHEAの分泌を促進することが知られていますが、DHEAは若返りホルモンとして、海外では人気のサプリメント素材でもあります。

DHEAはテストステロンの前駆体、つまりテストステロンの材料となる男性ホルモンの1種で、海外の研究ではEDに対する有効性が報告されています。

この研究では、ED患者にDHEAを24週間摂取させたところ、勃起力、性欲、セックスに対する満足感が改善した、としています。

一方、アカガウクルアのEDに対する有効性については「タイの東大」と呼ばれるチュラロンコン大学で臨床試験が行われており、30~70歳のED患者17人にアカガウクルアを3か月摂取させたところ、およそ82%にあたる14人にEDの改善がみられたと報告しています。

これらのED患者の中には糖尿病や高血圧、心臓病の持病を持つ患者も含まれていましたが、アカガウクルアはこうした人たちにも効果を現しました。

研究論文によれば、この結果はDHEAの分泌促進によるものとは異なり、驚くべきことにバイアグラと同様のメカニズムではないか、と報告しています。

ペニスが勃起するときには、アルギニンがNOをつくり出し、NOが血管を拡張するシグナル伝達物質を増やして活性化させるのですが、同時にシグナル伝達物質を分解する酵素も作られ始めます。

バイアグラなどのED治療薬はこの酵素の働きを抑えることで勃起をサポートするのですが、タイでの臨床試験結果から、アカガウクルアに特有の有機化合物にはバイアグラと同様の作用があると推測されています。

去勢されても衰えない精力をもたらすトンカットアリ

トンカットアリは東南アジアの熱帯雨林に自生する植物で、ベトナムの伝統医療では万能薬と呼ばれ、マレーシアでは精力剤/強壮剤として古くから愛用されてきました。

テストステロン値が低下すると性機能だけでなく、筋力や認知機能も低下して男性更年期(LOH)を引き起こすことが知られていますが、トンカットアリはホルモン補充療法に代わるLOH治療法として脚光を浴びています。

米国マサチューセッツ大学とマレーシア政府が共同で行った男性不妊改善の研究では、トンカットアリの抽出物は男性不妊症患者のテストステロン値を向上させ、精液の量、精子の濃度、精子の運動性を高めて、出産率を改善した、と報告しています。

その他の基礎的な研究では、NOとは別のメカニズムで勃起のためのシグナル伝達物質を増やすことが発見されました。

また、総テストステロン値を増加させるだけでなく、グロブリンと結合した「使えない」テストステロンの割合を減らす作用も報告されています。

マレーシアとシンガポールの大学が共同で行った動物実験では、トンカットアリを与えた雄ネズミは去勢したあとでも性交能力を維持していたといいます。

多くの研究で、トンカットアリに含まれる複数の化合物に、テストステロンを活性化し、性欲とペニスの硬さを高める作用があると報告しています。

謎のベールに包まれたアンデスの女王マカが持つ神秘の力

マカは、南米ペルーのアンデス高地でしか栽培されない貴重な植物です。

かつてスペイン軍がインカ帝国を侵略した際、スペイン軍の軍馬が高地の過酷な環境で繁殖能力が低下、その頭数は全滅寸前まで激減してしまいました。

そこで、アンデスの先住民からマカをわけてもらい馬に与えたところ、たちどころに馬の生殖能力が回復して繁殖に成功、インカ帝国を征服する原動力となった、と伝えられています。

マカは日本には1990年代の終わりに上陸、それから約20年に渡り健康食品として人気を得ています。

マカはもともとアンデス高地の荒れた土壌で栽培できる希少な植物として珍重されてきました。

栄養素に富み、保存もできる貴重な滋養食として、ペルー政府が長らく海外への持ち出しを禁じていたほどです。

マカに関しては世界中でさまざまな研究が行われており、ホルモンバランスの調整、疲労回復、更年期障害、リウマチ、貧血などに関する多くの研究データが発表されています。

しかし、なんといっても注目すべきは性機能に関する研究でしょう。

マカの性機能に関する研究では、性欲の改善、精液量と精子量の増加、精子の運動性向上などが報告されていますが、テストステロンなどの性ホルモンには影響を与えない、とされているのです。

性ホルモンに影響を与えずに、どうして性機能を改善することができるか?アンデスの女王と称されるマカのパワーは、まさに神秘のベールに包まれているといえます。

日本ではマカの機能性成分は、高麗人参にも含まれる薬理成分のサポニン、あるいはポリフェノールやグルコシノレートではないかと考えられていますが、マカの輸入量世界一の米国ではマカの機能性成分はマカエンとマカミドであるといわれています。

マカエンはリノール酸やオレイン酸などと似た不飽和脂肪酸で、マカミドはマカエンから二次的に生成される物質です。

マカは収穫後3か月に渡りアンデス高地の強烈な紫外線を浴びて天日干しされますが、マカミドはこの乾燥の過程で生成されます。

人の脳内には「脳内麻薬」と呼ばれる快楽物質が存在しますが、同時に脳内麻薬を分解する酵素も存在しています。

痛み止めに使用される医療用大麻には脳内麻薬と同様の快楽物質が含まれていますが、同時に分解酵素の働きを抑える作用も併せ持ちます。

マカミドには神経保護作用と共に脳内麻薬分解酵素の働きを抑える作用があるとされ、これが性欲の増強や精力増進に影響を与えているのではないかといわれています。

勃起力の源である3種のアミノ酸、男性ホルモンを増やして活性化しつつ勃起力をサポートする3種のハーブ。

これらがバランスよく配合されたベガリアは、まさに黄金比率と呼ぶにふさわしい実力を備えた本格派といえるでしょう。

 

ベガリア公式WEBサイトはこちら!

 

3製品のコストパフォーマンス比較

ベガリアゼノシードヴォルスタビョンドコスパ比較

 

製品名 ベガリア ゼノシード ヴォルスタービヨンドブラスト
カプセル重量 397mg 350mg 600mg
1箱のカプセル数 120粒 30粒
(60粒キャンペーンあり)
120粒
価格 13,860円 11,800円 12,800円
1粒あたり単価 115.5円 393.3円
(196.7円)
106.7円

 

上の表を見てお分かりの通り、コスパ的にはヴォルスタービヨンドブラストに軍配!

~しかし、当然ながら、たとえコスパの良い商品でも、効果が無ければ何の意味もありません。

ヴォルスタービヨンドブラストも、その他ランク外となった商品に比べれば決して悪い商品ではありませんが、前項での詳細分析の通り、配合成分のバランスと効果期待値を加味したトータルポイントを考えた場合、ベガリアの圧勝という結果になりました。

当サイトのパッケージ分析の結果、真の意味でコストパフォーマンスが高いのはベガリア一択となります。

 

ベガリア公式WEBサイトはこちら!

 

<まとめ>ベガリアがダントツ1位なわけ

ベガリアのパッケージ

ベガリアパッケージ表記

最後に、ベガリアのパッケージ表記を読み解いてまいりましょう。

一般にサプリメントや健康食品と呼ばれる商品も、法律上はすべて加工食品であり、日本では加工食品に対して厳格な内容表示が義務付けられています。

表示内容を義務付ける食品表示法は、それまで存在した食品衛生法、JAS法、健康増進法による食品表示のルールを一元化したもので、違反した場合は1億円以下の罰金に処せられる場合があります。

食品表示法により加工食品には、「名称」、「保存方法」、「消費期限又は賞味期限」、「原材料名」、「添加物」、「栄養成分の量及び熱量」、「内容量又は固形量及び内容総量」、「事業者の名称及び住所」、「製造所又は加工所の所在地及び製造者又は加工者の名称」などの表記が義務付けられています。

まず、原材料名ですが、これは含まれている量の多い順に記載することが義務付けられています。

ベガリアのパッケージには多い順に、L-シトルリン、アカガウクルア末、L-オルニチン塩酸塩、トンカットアリエキス末、マカエキス末、亜鉛含有酵母~ヒハツ抽出物までが原材料として表記されています。

ヒハツ抽出物のうしろにスラッシュ(/)がありますが、この後に続くのはすべて添加物です。

添加物は、ベガリアのように原材料とスラッシュなどの記号で区切るか、もしくは原材料と添加物を改行して表示する、原材料と添加物を別の欄に表示する、など明確に区分することが義務付けられています。

ベガリアの場合はスラッシュ以降のゼラチンから後が添加物ですが、L-アルギニンと各種のビタミンは栄養強化目的で添加される強化剤です。

ベガリアに使用されている添加物は、ゼラチンやトレハロースなどアルギニンとビタミン以外はカプセルの素材と、粉末を充てんする際の潤滑剤のみのようです。

不要な着色料や香料などは含まれていないので、良心的で安全な製品といえるでしょう。

ベガリアのカプセル重量は397mgとありますが、医薬品やサプリメントに使用されるカプセルは規格化されており、日本では00号~5号までのサイズが一般的です。

2号カプセルの基準容量は370mg、カプセル重量は60mgなので、ベガリアは2号カプセルに340mg程度の内容物を充てんしたものではないかと思われます。

ベガリアの1日摂取目安量は約340mg×4粒=1,360mgですが、この中に3種のアミノ酸と3種のハーブを中心として、約30種類の原材料が配合されていることになります。

配合割合は社外秘となっていますが、成分の種類、記載順から見てもバランスの良い製品だということがわかります。

余談ですが、最後に記載された原材料ヒハツ抽出物の前にデキストリンとありますが、デキストリンとは「でんぷん」のことで原材料として表記されます。

しかし、潤滑剤や増量剤として使用されるため用途は添加物と同じです。

このデキストリンが原材料の最初のほうに表示されているサプリメントをよくみかけますが、そうした製品は何の効果も持たない「でんぷん」を主要成分並みに配合しているということになります。

この点から見てもベガリアは、ムダなものは極力減らして正直に製造された製品だということがうかがえます。

ベガリアは世界で研究対象とされている3種類のハーブで男性ホルモンと精力・性欲のパワーアップを図り、ペニスの海綿体にあって勃起力を発揮する3種のアミノ酸を中心に、各種サポート成分をバランスよく配合、不要な添加物は極力使わない安心の製品づくりで堂々の第1位を獲得しました。

あなたが今現在、ペニスのサイズや硬さ、勃起の持続力に不安を感じてるなら、ベガリアを一定期間使用する事で、それらの悩みは解消されると思われます。

 

ベガリア公式WEBサイトはこちら!

 

勃起に不可欠なアミノ酸ファミリーが最適なバランスで配合

ベガリアには勃起に不可欠なアミノ酸ファミリー(シトルリン、アルギニン、オルニチン)が最適なバランスで配合されており、テストステロンを活性化してシグナル伝達物質の分解を抑えるトンカットアリとアカガウクルアが主要成分として配合されています。

さらに、メカニズムは解明されていませんが、疫学的に効果が示されているマカも主要成分として配合されています。

この点は2位のゼノシードも同じですが、残念ながら内容量とコスパでベガリアに大きく引き離されています

第3位のヴォルスタービヨンドブラストは内容量が多くコスパの高い製品ですが、残念ながら配合成分が偏っており、テストステロンに対する期待値は今ひとつです。

とはいえ、星の数ほどもある精力剤、増大サプリの中では今回セレクトした3製品が群を抜いており、ベガリア以外の2製品もその他の精力剤と比較すれば非常によくできた製品といえます。

繰り返しますが、勃起はペニスだけに起こる局所的な現象ではありません。

ペニスを最大限増大して硬い勃起を実現するためには次のものが必要です。

  • 性的な刺激に対して脳がきちんと反応すること
  • 勃起シグナルをペニスまで伝達させること
  • 海綿体でNOを産生させること
  • シグナル伝達物質の分解を抑えること

この4つの条件を満たすには、テストステロンの量と活性を高め、健康で柔軟性に富んだ血管を持ち、勃起に必要なアミノ酸を枯渇させないことです。

星の数ほどもある精力剤、増大サプリの頂点に立つベガリアは、一連のメカニズムのどの時点においても他を圧倒する実力を備えています。

セックスのたびに服用しなければならない薬の力を借りるのではなく、長く続けることで自分本来の力を取り戻す手助けをしてくれるのが精力剤や増大サプリです。

ストレスや年齢を感じるとき、パートナーの満足度に不安がある時、「ベガリアはきっとあなたの力になってくれる」~というのが、当サイトの徹底調査の結果です。

 

ベガリア公式WEBサイトはこちら!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!