【大量連続射精/射精に勢いを出す方法】精液量を増やして連続SEX!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【大量連続射精/射精に勢いを出す方法】精液量を増やして連続SEX!

パワーがみなぎっていたあの頃に戻りたい。誰もがそんなことを考えることがありますが、夜の生活については、より一層そう思ってしまうのではないしょうか?

特別なにもしなくてもガチガチに勃起し、時間問わずいつでもセックスができたあの若い時代、今取り戻せたらどんなに良いでしょう。

今、セックスはどれだけ頑張っても一晩に一回、連続でするなんて出来たことが不思議なくらい…。セックスを終えたあとのパートナーの顔を見ると、虚しくなってしまう…。

若いころはあんなに激しく燃え上がり満足に満ちたピロートークが待っていたのに、今は淡々と眠りについていくだけ、どこか不満そうに見える顔に申し訳なくなってしまいます。

こんな自分を何とか変えたい!そう思っている方必見です。

射精時の精液量を増やし、連続射精ができたあの頃が取り戻せる方法があるとしたら、ぜひ知りたいですよね!

そのためにはなぜ、二回戦目の精力が失われてしまったのか、取り戻すためにはどうしたらよいのかを知り、実践する必要があります。

そのための方法として、次の方法を実行していくことです。

  1. 疲労回復をはかる
  2. 体力を養う
  3. 適度なオナニー習慣を身につける
  4. セックスに新しい刺激を摂り入れる
  5. 食生活を改善していく

なんだ、こんな方法か…と思わるかもしれませんが、最後まで読んで頂けると、きっと「なるほど!そういうことか!」と思って頂けます!

とにかく若い時代を取り戻したい!挑戦してみたいという方はぜひ最後まで読んで下さい!

夜の生活を思いっきり楽しめる、もっと充実した毎日が待っていますよ!

 

なぜ?連続射精できなくなる理由とは

若いころは当たり前にできた「二回戦」ですが、いつの間にか二回戦目に突入する精力・体力が失われてしまっていた…それに悩む方も多いはず。

年だから仕方がない」誰もがそう思いがちです。しかしこれは、大変危険な考え方です。

年をとっても現役で、精力みなぎるような方たちには、そんな考えはないからです。「年だから精力が落ちる」のは当たり前ですが、ほかにも原因があり、適切な対策をすることで、ちゃんと精力は取り戻せるのです。

その証拠に、現役のAV男優で40歳50歳になっても、バリバリ出演している方もいらっしゃり、中には60代70代なんて男優さんも活躍されています。

つまり加齢はあくまで原因の一つであり、ほかにも改善できる理由があるのです。

それでは、連続射精できなくなってしまう理由について、見ていきましょう。

加齢による精液の減少

年齢を重ねていくにつれて、精力が減退するのは当然です。それはテストステロンという男性らしさにとって重要なホルモンの分泌量が減少する事も理由のひとつです。

まず、テストステロンとは、男性の睾丸で合成され、分泌されるホルモンです。テストステロンは男性らしい身体つき、そして男性らしい能力を高める働きをします。

テストステロンがたくさん分泌されると、筋肉の量は増加し、ゴツゴツした身体つきになるほか、精神的に向上心を持たせ、社交性を高めるような思考になるのを助けます。

そして何より、性的な活力を持たせる力があるのです。

テストステロンは20代をピークに、その後は減少していくと言われています。しかし30歳ではまだまだ分泌量が多いことから、体力的にも元気で、夜の生活もまだまだ元気という方がほとんどです。

問題は40代~50代になると、社会的責任の重圧から身体的・肉体的にストレスがたまり、テストステロンの分泌が極端に減少してしまうケースが増えてきます。

そういった人たちの中には抑うつ症状が出てしまう方や、EDになってしまう方もいらっしゃるほどです。

40代・50代で急に射精の勢いが無くなった、セックスへの意欲が失われた、などという方には、このような急激なテストステロンの減少が考えられるのです。

セックスする体力が湧かなくなる

「性への関心」そして「性能力」の面ではテストステロンが大きなカギを握っています。

しかし、精力が減退するのはそれだけが原因ではありません。セックスをするのには基本的な「体力」が必要です。体力が無いと、セックスをしようという気力が湧いてきません。

セックス、あるいは射精の運動量を、○○m走を全速力で走る、といった形で例えることがあります。しかし実際のセックスの運動は、そのような短期間の運動ではありません。

男性にとっての必要なセックスの体力は、不自然な態勢をキープし続ける「持続力」のようなものです。

そして射精に向かっていくにしたがって、激しいピストン運動となっていくのです。

この「持続力」と「体力」は、日頃の継続的な運動なしには得られません。当然、日常的な運動をしなければ、加齢とともに衰えてしまいます。

二回戦をする気が湧かないという理由には、こうした体力のなさもあるのです。

さらに体力は、セックスの際の運動だけに使うわけではありません。睾丸で精子を作ることにも「体力」が使われるのです。

つまり射精量や精力にも、「体力」は深く関係しているのです。

セックスへの慣れによる興奮度の低下

年齢を経ていくということは、それなりの回数のセックスを重ねているということです。そして回数を重ねるほどに、セックスに対しての「慣れ」が出てきます。

初めてのセックスのときは、わけがわからないほど興奮し、意識せずとも勝手に勃起が続いたことでしょう。年齢を経てからでも、初めての相手とのセックスは、とても興奮するものですよね。

しかし「慣れ」とは恐ろしいもので、いつの間にか裸を見るくらいでは興奮しなくなってしまいます。挿入のときも射精のときも(あぁまたこの感じか)くらいの感動しか起こらなくなります。

日常の中にいろんなもの慣れは現れるのですが、特にセックスの場合は、慣れの影響が大きく、お互いに新たな試みや挑戦心が無くなってしまうと、同じ感情の繰り返しになってしまいがちです。

相手がどんなリアクションをする、どういったセックスが好き、あるいは嫌いというのが分かってくるのは良いことなのですが、「何が起こるかわかる」「好きなことが分かる」ことは、まるで興奮しないということにもつながるのです。

そんな状態で二回戦をしたいと思うでしょうか?また同じようなことがもう一度繰り返されるとしたら、積極的にそれをしたいとはまず思わないでしょう。

それほど「慣れ」とはセックスにとって大敵なのです。

 

一回の射精にも勢いがない!その理由とは?

年齢を経ると、二回戦ができなくなるほかに、射精の勢いも無くなってしまいます。若いころは自分の胸くらいまで射精していたのが、年を取ると「飛ぶ」というより「流れる」ようになってしまいます。

女性から見ると、先からでろ~んと漏れ出る精液は、なんとも勢いがなく、見ていると虚しくなってしまうものです。しかし、射精の勢いに関しても、適切な対策によって解決可能です。

まずは射精に勢いがなくなってしまう、その理由から見ていきましょう。

加齢による男性ホルモンの減少

先ほども説明した通り、加齢が進むとテストステロンが減少してしまいます。テストステロンは、精子の生成量にも深い関係があると言われます。

精子の量が少なくなると、射精の勢いがなくなるのも当然です。

やはり射精という行為には、テストステロンが深く関係しているのです。

基礎体力が下がることによる運動機能の低下

基礎体力が下がると、全身の運動機能が下がります。特に筋肉の低下が著しく、見た目も性能もがくんと下がってしまいます。

実は射精というのは、筋肉の働きが大きく関係します。射精のメカニズムには、前立腺と尿道周辺の筋肉が深く関わっているのです。

前立腺が収縮する力と、尿道周りの筋肉の強さが、射精の勢いを決めると言ってもよいでしょう。

運動不足や基礎体力の低下で、射精の勢いが失われるのは、そのためです。

オナニーのし過ぎ

オナニーのし過ぎは精液の量を減らし、射精の勢いを失わせることになります。

セックスは、パートナーと2人の気持ちが通じて始めて行為として成立するものなので、したいときにできるというものではありません。

しかしオナニーは違います。好きな時に、好きなオカズで、楽しんで出来てしまうものです。オナニーは男性にとって、性的な快感を手軽に味わえるちょっとした遊びと言って良いのかもしれません。

さらにアダルトグッズは常に進化を続け、VRアダルト動画、電動オナホールなど、疑似セックスを楽しめるグッズもどんどん登場しています。

そのせいか、オナニーのし過ぎになっている人が多いのも事実です。理想的なオナニーは、趣味としては良いのですが、ペニスの感度が悪くなってしまうこともあるので、やりすぎには十分に気を付ける必要があります。

セックスで射精するときの興奮度が低い

射精の勢いは、射精に至るまでの時間、そして射精時の性的興奮の度合いがとても重要だとされています。

射精まで時間をかけるほどに生殖機能は活性化し、より多くの精子を出そうとします。

ガマン汁は、精液をより多く、遠くへ射出しようとする準備のようなものです。つまり、出そうだけどガマンするという状態を、できるだけ長く続けることがとても重要なのです。

互いにセックスに慣れてしまったパートナーでは、このような興奮はあまりないのかもしれません。

セックス自体が作業化してしまい、流れ作業のようになってはいないでしょうか。射精まではしっかり時間をかけ、お互いに気持ちよさを感じ、絶頂になりそうなところを、耐えに耐えきって射精しない限り、射精には勢いがつかないのです。

セックスのマンネリ化は興奮度を低下させてしまうので、そうなっていないか、今一度ご自分のセックスを振り返ってみてください。

射精に勢いがなくなる理由、連続射精ができなくなる理由を理解できましたでしょうか?なぜ精力が衰えてしまったのかがわかったら、改善に向けて動き出すべきです。

改善方法を正しく実践することで、確実に精力は取り戻せるものです。それでは、その改善方法を見ていきましょう。

 

連続射精・大量射精できる精力を取り戻すことは可能か?

連続射精・大量射精ができるような精力を取り戻すことは、ずばり「可能」と言って良いでしょう。ただし、一朝一夕という短い時間では、持続的な効果は得られません。

確実に効果のある方法を、しっかりと時間をかけて行うことで、射精の勢い・連続射精ができるくらいの精力を取り戻せるのです!

それでは、実際の方法を見ていきましょう。

方法①疲労回復

精子の量や、二回戦目の性欲は、体力が大きく関係しています。よってまず改善すべきは疲労回復です。疲労回復を意識することで、常にハツラツとした若い精神・すぐに行動できる活力が蘇ります。

なんだ、疲労回復ぐらい…と思われるかもしれませんが、精力にとっては一番侮ってはいけないのが、自分では感じ取れないような疲労です。

現代人はなにかと忙しく、働くことに体力を使うことは当たり前と思われますが、それは正しいことではありません。

帰宅後もテレビなどの娯楽・趣味など時間を費やし、ついつい睡眠時間を減らしているのではないでしょうか?

睡眠は疲労回復にとって、最も良い手段です。寝不足状態では、身体的にも精神的にもストレスが積み重なってしまい、テストステロンの分泌が悪くなってしまいます。

テストステロンの分泌が悪くなるということは、これらのようなマイナスの作用が働きます。

  • 筋肉が付きづらくなる
  • 精子の合成量が減ってしまう
  • 勃起力が下がってしまう

AV男優として最も有名で、かつ仕事量の多いしみけんさんも、次のように答えているように、質の良い睡眠は精力にとって、とても大切なのです。

報道陣から“世の草食系男子に向けて精力を増幅させるためのアドバイス”を求められたしみけんは「食事、睡眠、スクワットの3つです。ブロッコリーを持ち歩くなど食には本当に気を使っています。(体に)いい物を食べれば良くなっていきます。

そして、ちゃんとした質の良い睡眠をとる。最後のスクワットについては、現代の生活習慣においてしゃがみ込むことがなくなったんです。

そのため、しゃがみ込むという動作をすることによって、下半身周りの血流と筋力を鍛えることが“マグマ粒子”(=精力)を増すコツだと思っています」と返答。

しみけんが伝授! 精力増幅のカギは「食事・睡眠・スクワット」 | | TRILL【トリル】

疲れは感じる程度であけば、それはよほど疲れているということです。疲れを感じる前に、自分にとって十分な睡眠時間を確保し、疲労回復に努める必要があります。

 

方法②体力をつける

射精量・連続射精をする精力のためには、体力がとても重要です。先ほどのAV男優しみけんさんの言葉の中にも、スクワットというキーワードが出てきましたよね?

つまり、射精量・射精の勢いに関しては、下半身回りの筋肉はとても重要です。

射精は、ペニスの尿道周りの筋肉と、前立腺が大きく関係しています。スクワットでそれらを直接鍛えることはできませんが、PC筋と呼ばれるペニスの根本あたりにある筋肉は鍛えられるのです。

このPC筋も射精に大きく関わる筋肉なので、鍛える価値アリでしょう。

そして筋トレだけでなく、基礎体力をつけることも重要です。精力の源とも言えるテストステロンは、運動などでその分泌量を増やせるということが分かっています。運動はストレス発散にもなり、肉体的・精神的に非常に良い効果をもたらします。

ジョギング程度の軽い運動でも効果的なので、試してみる事をオススメ致します。

方法③適度なオナニー週間で生殖機能を活性化する

オナニーをしすぎることは、セックスのための精力不足や、激しすぎるオナニーによる不感症となってしまうことがあります。しかし適度なオナニーは生殖機能を活性し、精力アップに欠かせないのです。

人間の身体は、活用しない部分の筋肉や機能は衰えてしまいます。オナニーを長い間していないと、射精に携わる筋肉が衰えます。精子は射精しない限り新たに作られないので、精子を作る機能も弱まってしまいます。

オナニーはペニスにとって筋トレや練習試合のように、模擬セックスとなり得るので、射精の勢い・連続射精する力を取り戻すためには、積極的にすべきものなのです。

コンドームを作っている相模ゴム工業が行っている調査では、40代の平均オナニー数は月7.4回、50代では月5.0回となっています。

参照:ニッポンのセックス 2018年版 | 相模ゴム工業

精力を取り戻したいのであれば、やはり平均以上はすべきです。精子が睾丸いっぱいに作られるためには、3日は必要と言います。

それを踏まえ、少なくとも3日に一回のオナニーを心がけ、常に新しい精子をたくさん作るようにしたいですよね。

 

方法④セックスに新しい試みを取り入れてみる

セックスに新しい試みを取り入れることによって、高い興奮度が得られ、射精の勢いが増します。また、感じたことのない刺激から、すぐにまたセックスをしたいと思えるようになります。

勃起にとって、新しい刺激はとても重要です。年齢を経るごとに、勃起回数やその力が衰えてしまうのは、「慣れ」のせいでもあります。

数十回は見たであろうアダルトビデオと、まだ見たことのないアダルトビデオであれば、当然後者のほうが興奮するものです。見慣れた人の裸と初めて見た裸でも同様です。

新鮮な刺激であればあるほど激しく勃起し、性欲が沸き上がります。年齢を経ると色々経験しているかもしれませんが、それでも性的な試みは無限にあります。

新しい体位・新しいシチュエーション・セックスの際の立場・アダルトグッズを使ってみる…などなど、変えようと思ったら、いくらでも変えられるものです。

それを妨害するのは「恥ずかしさ」だったり「プライド」だったり、があるのですが、気の知れたパートナーであれば、お互いのためにその壁は取り払えるはずです。

まずはチャレンジしてみることが大切なのです。小さな変化からはじめて、次回のセックスからちょっとずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

方法⑤食生活を改善してみる

食生活を改善すると精力が活性化し、大量射精・連続射精が蘇る日も近づくことになります。

食生活の改善は直接大きな効果がある訳ではありません。しかし、他の方法と合わせて行うことで、精力アップや精子量増加の効果は促進されます。

毎日の食生活を見直すことは大変ですが、精力だけでなく、基礎体力をつけることにも役立てられるので、夜の生活を含めた生活全体の質を上げるためにも、大変有効な手段です。

それではどのように改善したらよいのかを、簡単に紹介します。

連続射精・大量射精に効果的な食材

男性の精力にとって効果的とされる食材は、地中海料理、そして魚介類、鶏肉、卵、穀物、果物、野菜となっています。

地中海料理はオリーブオイルや全粒穀物、野菜、果物、豆、ナッツ、そしてチーズ。ヨーグルトをよく使用します。これらの食材は精子形成に良い効果を与え、精子をたくさん作るのを助けます。

イタリアやスペインなど地中海周辺の国々の性生活がとても豊かなのはこういった食事が大いに関係しているのかもしれません。

他にも精子をたくさん作るために、亜鉛・葉酸がとても効果的です。亜鉛は牡蠣などに含まれており、精子を作るのみならず、精力アップにも役立つため、積極的に摂取していきたいものですね。

 

効果的・効率的に射精力を高めるなら精力剤・サプリがオススメ

精液量を増やし、大量射精・連続射精を目指す方法をいくつかご紹介させていただきました。どれも精力を回復させるためには、とても効果的な方法です。

しかし紹介したどの方法よりも効果的・効率的な方法が、精力剤・サプリを取り入れた精力改善法です。

かつて精力剤やサプリは誇大広告ばかりで、実際の効果が無い、というものばかりでした。最近は男性力回復のためにしっかりと研究され、効果が及ぶような成分、比率を考えられ、作られた精力剤・サプリも販売されています。

これらを正しく使うことで、より理想のペニスへ無駄の無いアプローチが可能になります。

それでは、最後に、精力剤・サプリを活用した精力アップのメリットとデメリットを見ていきましょう。

精力剤・サプリのデメリット

精力剤・サプリを使った方法のデメリットは、ある程度コストがかかってしまうということです。ただし高額な精力剤やサプリを買わなければならないということではありません。

他に紹介した方法は、どれも手軽で、かつお金をかけなくてもいいものばかりでした。

食事改善に関しては、しっかりと摂り入れるのは意外に難しいもので、効果のわりにはお金がかかる方法ではあります。

やはり実践しやすいものを紹介したほうが、たくさん試してもらえるので良いのですが、多少のお金をかけられるのなら、お金をかけたほうが目的を達するための近道になることは間違いありません。

精力剤・サプリは決して高いものではありません。しかし人気サプリの偽物が販売されていたり、効果があるかもわからないようなまがいものが売っていたりするのも事実です。

せっかく使用するのであれば、しっかりと良いサプリを見極め、適正な価格で販売されているものを使うべきです。このような精力剤・サプリを利用することによって、必要な費用はかかるものの、無駄な出費も避けられるでしょう。

このような理由から、「お金がかかる」というデメリットを紹介しておきました。しっかりと頭に入れておいてください。

精力剤・サプリのメリット

続いて精力剤・サプリのメリットは、ズバリ次の2点に集約されます。

  • 効果が期待できる
  • 飲みやすく、続けやすい

精力剤・サプリは精力アップに効果があるといわれる栄養を、目いっぱい使っています。テストステロンの分泌を促すものから精子の生成を助けるものまで、あらゆる成分が含まれています。

これらを一つのサプリに凝縮しているのですから、継続的に服用していて、まるっきり効果がないということはないでしょう。

さらに、精力剤・サプリは毎日服用するだけで効果を発揮します。食事改善や運動は効果的なのですが、時間を取られてしまうのは非常に厳しいところですよね。

時間が取れないときでも服用できるサプリは、忙しい現代の男性にとって大きな助けとなるのです。

最後に、精力剤・サプリは非常に効果的なものですが、本記事で紹介した他の方法と併用することで、より高い効果を発揮させられるでしょう。

本当に勢力回復・大量射精・連続射精を実現したい!若いころの精力にできるだけ近づいてパートナーを満足させたい!という方は、オススメのサプリの服用に加えて、他の方法との併用を続けてみて下さい!

蘇ったペニスによって、エネルギッシュな毎日が送れるようになりますよ!

⇒徹底調査!!【話題の精力剤】分析比較ランキングはこちら

 

まとめ

年齢を経るにつれて、射精量が減っていき、連続射精ができなくなってしまうという、その理由がしっかりとご理解頂けたのでは無いでしょうか?

加齢は誰もが避けられないものです。体は自然と衰えていきます。しかし加齢に対しても、適切な行動を起こすことで、精力を回復させることは可能ということでした。

加齢による男性ホルモン、テストステロンの減少は逃れられませんが、精力剤・サプリの摂取や、適度な運動などで再び分泌量を増やし、若々しい精力を取り戻せるのです。

ただし短い期間で急激に回復することは出来ません。勃起薬のようなEDを改善するための薬を使ったりすると、短期的は効果が得られるのですが、副作用があったり、お金がかかっても根本的な解決に至らないのです。

根本的に問題を解決し、いつでも大量射精・連続射精をできるようになるためには、本記事で紹介した方法を併用し、加えて精力剤・サプリを服用するのがベストです。

若いころのセックスを取り戻すのは夢ではありません。現実的に可能だという事を理解し、夢をもって取り組んでください。

精力みなぎる姿を再び見せることができた日にはパートナーの方もきっと喜んでくれることでしょう!

⇒徹底調査!!【話題の精力剤】分析比較ランキングはこちら

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!