【ペニスを大きくする方法】長く太くでかいちんこに増大!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ペニスを大きくする方法】長く太くでかいちんこに増大!

加齢によって起こる薄毛や精力の減退と違って、全世代共通の男の悩みといえばペニスのサイズ

ペニスの大きさに自信がないと、シャワーを浴びるときなども何となく人目を気にしてしまうし、スーパー銭湯や職場の仲間との温泉旅行も気が重い。

女性に対しても気後れして積極的になれず、未だに年齢イコール彼女いない歴を更新中…。

ネットで検索すると、メンズクリニックの広告では長茎術なる手術で大きくできる、と宣伝しているけど、費用はばかにならない金額だし、ちゃんと大きくなるのか、手術後の痛みなどは大丈夫なのか心配

手術の以外になにか打つ手はないものか?

ペニスを大きくする方法には大きく分けて、以下の4種類があります。

  1. ペニスを大きくするための外科手術
  2. ペニスを長く、あるいは太くするために考案された器具を使う
  3. ペニスをでかくするためのトレーニング(チントレ)
  4. ペニス増大サプリメントで大きくする

長茎術をはじめとする手術や短小改善器具など、世の中に広まるペニスを大きくする方法のメリットとデメリットを知り、最も安全で手軽にできるペニス増大法は何なのか?これらの「ペニス増大法」「ちんこを大きくする方法」について徹底的に分析、解説してまいります。

 

1.短小ペニスを改善する方法~その1 外科手術を受ける

ペニスを増大する最も手っ取り早い方法として、クリニックでの手術があります。

まず手始めに「長茎術」と呼ばれるクリニックでの外科的処置について解説しましょう。

 

1-1.ペニスの埋もれている部分を露出させる「切る長茎術」

そもそも長茎術というのは、本来ペニスに先天的な異常がある場合に施される治療のための手術です。

生まれながらにしてペニスの海綿体部分が周囲の組織と癒着するなどして、おなかの中に埋もれてしまっている状態を「埋没陰茎」といいますが、腹部を切開してペニスの埋没している部分を引っ張り出すのがこの手術の目的です。

ところが、ネットで「長茎術」と検索するとヒットするのはメンズクリニックの広告ばかり、先天性埋没陰茎についての情報はほとんど検索できず、クリニックの商売熱心さにはあきれてしまいます。

実は埋没陰茎でなくても、ペニスの海綿体は目に見える部分だけでなく、体内の奥深くまでつながっており、本当の根元部分は二股に分かれて骨盤にしっかりと固定されています。

ペニスが勃起して海綿体に血液が充満すると、普段は体内に隠れている部分も、一部は体の外まで膨張してきます。

この隠れている部分を常時からだの外に露出されるようにするのが「長茎術」で、先天性埋没陰茎と同じように腹部を切開して海綿体を引っ張り出すのが「切る長茎術」と呼ばれています。

 

1-2.ペニスを引っ張って固定する「切らない長茎術」

「切る長茎術」に対して、切開はせずにペニスを引っ張り、伸ばした状態で手術用の糸などで固定するのが「切らない長茎術」です。

切開はしないので、費用が安く済むのが特徴ですが、糸が取れたり切れたりして、もとに戻ってしまうケースが少なくありません。

「切る長茎術」に比べて術後の状態が不安定で、持続性に問題が残る方法といえるでしょう。

また、太っている人の場合は「切らない長茎術」では効果を得られにくく、下腹部の脂肪を吸引してへこませる「脂肪吸引」も併せて行う必要があります。

 

1-3.長茎術の費用とリスク

いずれにしても長茎術とは体内に埋もれている部分を引っ張り出すだけですので、勃起した時のサイズは手術前と変わりません。

あくまでも普段の見た目が大きく見えるだけです。

また、太くなるわけではないので、細長いペニスに見えてしまうのも難点といえるでしょう。

長茎術の費用は15~30万としているクリニックが多いようですが、安い手術だと傷跡が残るとか、ヒアルロン酸などを注入する亀頭増大術を一緒に勧められたりして、結果的に100万円以上の金額を請求されることもあります。

また、術後の経過も痛みや腫れなどを訴える患者が多く、なかにはペニスの一部が壊死したり、ペニスが何も感じなくなってしまう感覚麻痺を起こしたり、というケースもあるようで、国民生活センターでも注意を呼びかけています。

 

2.短小ペニスを改善する方法~その2 ペニスを大きくする器具を使う

ペニスを大きくするための器具には大きく分けて三つのタイプがあります。

ひとつは装着することで物理的に大きなペニスにできるサックタイプ、もうひとつは装着することでペニスを長くするトレーニングになる牽引タイプ、そして三つ目はペニスにシリンダーをかぶせて減圧し、海綿体に血液を流入させるタイプです。

 

2-1.かぶせるだけでサイズアップ、超簡単な「ペニスサック」

ペニスサックとは、シリコンなど伸縮性のある樹脂素材でできた、肉厚のコンドームのようなものです。

勃起した自分のペニスにかぶせるだけで長さは4~5cm、太さは1cm程度太くなります。

透明な素材でできたものからリアルな肌色をしたもの、イボつきなどがあり、サイズも小さなものから外国人サイズまでさまざまです。

ペニスサックは自分のちんこが大きくなるわけではなく、いわばよろいをまとうようなもの

使用するのはもちろんセックスのときだけで、普段つけていたらトイレに行くのも大変です。

また、自分の亀頭の上にシリコンでできた亀頭が乗っかっているようなもので、サオの部分も肉厚のシリコンで覆われるため、通常のコンドームを使用した場合や、生でセックスするときとはかけ離れた感覚になってしまいます。

女性に知られないように使うのははまず無理ですから、自分の本来のサイズを明らかにして合意を得たうえで使用することになるでしょう。

 

2-2.ペニス用大リーグボール養成ギプス「ペニスエクステンダー」

今では遠い昔となった昭和40年代の高度経済成長期に一世を風靡した野球まんが「巨人の星」。

ジャイアンツのエースを目指す主人公が「魔球」を生み出すために装着していたのが全身エキスパンダーの大リーグ養成ギプスですが、まさにペニス用大リーグ養成ギプスといった外観を持つので「ペニスエクステンダー」です。

Amazon内で検索するとタイプの異なるエクステンダーがいくつかヒットしますが、代表的なものが、ペニスのカリにゴムの輪をかけて、固定された根元との間にあるシャフトを回転させてペニスを引っ張るけん引タイプです。

そのほか、ペニスに革ベルトやシリコン製のバンドを装着し、先端にウェイトを引っ掛けてその重みで下に引っ張るタイプや、首にかけたストラップで上に引っ張るタイプなどがあります。

イタリアのトリノ大学で、ペニスの増大方法に関する世界中の論文を探したところ10本見つかり、その中でもっとも効果があるとされたのがけん引法です。

いくつかの研究を合わせた参加者は全部で109人、ある研究では平均1.8cm伸びたという報告があり、別の研究では通常時で2.3cm、勃起時で1.7cm伸びたとする報告があるそうです。

ただし、平均1.8cm伸びたとする研究では1日6時間のけん引を4ヶ月間続けたそうで、後者の研究では1日に4時間のけん引を6ヶ月間継続した結果としています。

ペニスエクステンダーの草分けといえる海外製品「アンドロペニス」のホームページでは、ペニスが勃起していないときに休憩を挟みながら1日に4時間から9時間装着するものとしています。

これぞまさにペニス用大リーグ養成ギプス、ペニス増大への道は巨人の星を目指すのと同様、大変な努力と忍耐を強いられることになるようです。

 

2-3.ペニス増大法の草分け「陰圧式勃起補助器具」

陰圧とは内部の圧力が外部より小さくなっている状態を指します。

呼吸をするときにはまず肺の中の空気を吐き出し、肺の内部を陰圧にします。

すると自然と気道から空気が肺に吸い込まれ、肺が膨らむのです。

この呼吸の仕組みをペニスに応用したのが陰圧式勃起補助器具、通称EVDです。

アメリカでは20世紀初頭からEDの民間療法として使用されてきましたが、1985年に医療機器として認められました。

日本でも1995年にED治療用の医療機器として認証されており、ポンプのついたプラスチック製のシリンダーとペニスの根元を締め付けるゴムのリングのみというシンプルな器具です。

使い方も至って簡単で、ペニスにシリンダーをかぶせて空気が漏れないよう根元のリングに固定します。あとはポンプでシリンダー内の空気を抜くだけ。

減圧されたシリンダー内部のペニスにはなかば強制的に血液が流れ込み、徐々に勃起していきます。

十分に勃起したらシリンダーをはずしますが、ペニスの根元はゴムリングで締め付けられているので、血液が逆流せず勃起状態を維持することができます。

本来はED患者がセックスのとき使用する器具ですが、ペニス増大器具としての人気も高く、ネットでは圧力計つきや電動ポンプつきのものもみられます。

ED治療器具としては、1999年にバイアグラが発売されたことで使用例が激減し、すでに医療機器としての販売は終了しています。

現在購入できるのは大人のおもちゃ扱いのものだけです。

ちなみに、前項ペニスエクステンダーで紹介したイタリア・トリノ大学の調査によれば陰圧式器具では精神的な満足感を得ることはできても、ペニス増大の効果はみられない、と切り捨てられています。

 

3.短小ペニスを改善する方法~その3トレーニングで大きくする「チントレ」

小さなペニスも鍛錬しだいで大きくできる!というのがチントレです。

特に系統だった理論やトレーニング方法があるわけではありませんが、ペニスの血流をよくする、あるいは勃起状態を維持するトレーニングを行うことで、ペニスの増大につなげよう、という試みです。

 

3-1.伝統的ペニス・ストレッチ「ジェルキング」

ジェルキングは英語で書くとjelkingとなるそうですが、jelkという単語はなく、jerkが変化したもの、と考えられているようです。

jerkとは加速度の変化率を表す単語で、ウェイトリフティングでバーベルを胸の位置から一気に頭上へ持ち上げる「ジャーク」と同じ言葉です。

一方、jerkingとなると一瞬のけいれんを意味し、jerking offはオナニーのスラングとして使われます。

源流はアラブ諸国に古くから伝わるマッサージ手法だそうですが、1970年代にイギリス人医師、ブライアン・リチャーズが行った研究発表により広く知られるようになりました。

リチャーズ医師の著書「ザ・ペニス」によれば、被験者30人中28人がペニスの増大に成功したとされていて、その平均増大値は長さ2.65cm、太さ2cmとされています。

巷に伝わるジェルキングにはミルキングという別名を含め、いろいろなエクササイズがありますが、概略は以下のような動作を行います。

  1. 人差し指と親指で輪を作り(OKサイン)サオの根元を握る
  2. もう一方の手で同じくOKサインを作り、こちらも根元を握る
  3. お腹につけた手は固定したまま、もう片方のOKサインを亀頭の方向にゆっくりとスライドさせる

1回ずつ手を入れ替えながらこの動作をくり返しますが、ポイントは「半勃起状態」で行うことです。

血液が集まった状態で海綿体の血管を刺激し、血管をやわらかく丈夫にすることで勃起率を高め、ペニスを徐々に増大させていきます。

筋トレと同じく、すべての人に効果が現れるわけではなく、トレーニングの期間も最低で6ヶ月から1年間は継続する必要があります。

ちなみに、先のイタリア・トリノ大学の調査ではジェルキングもEVDと同様、効果なし、とばっさり切り捨てられてしまいました。

 

3-2.強い勃起力を手に入れてペニス増大につなげる「骨盤底筋トレーニング」

ペニスの海綿体は外部に露出している部分だけでなく、むしろ体内に大部分が隠されているのは前述の通りですが、海綿体の根元は二股にわかれて坐骨(骨盤)に固定されており、この根元部分の筋肉を坐骨海綿体筋といいます。

海綿体を圧迫して勃起を補助する役割を果たしています。

坐骨海綿体筋は海綿体を圧迫して勃起を補助するための筋肉で、ここを鍛えれば海綿体から体内に血液が戻るのを抑えて、より強い勃起状態を作り出すことが可能です。

坐骨海綿体筋は骨盤底筋群に含まれるので、骨盤底筋群を鍛えるエクササイズを行うことで勃起力を高め、ペニスの増大につなげられる可能性があります。

骨盤底筋群を鍛えるエクササイズには各種ありますが、男性が行うペニス増大目的の体操にはちょっとした工夫が必要です。

やり方はかんたんで、裸で鏡の前に立ち、手を使わずに睾丸を持ち上げるだけ。

睾丸が持ち上がるのを確認しながら行うことで、関係のない場所の筋肉を極力使わないように注意することができます。

しかし、この方法も半年、一年と継続することで徐々に効果が現れてくるので、即効性はなく、毎日のエクササイズを継続できるかどうかに成否はかかっています。

4.サプリメントで安全にペニスを増大させる

これまで紹介してきたペニス増大法は、物理的作用でちんこを大きくする方法ばかりでしたが、最後にもっとも重要なからだの内側から安全にペニスを増大させる唯一の方法をご紹介します。

からだの内側からペニスを増大させるのに必要な条件はたったふたつ。

  1. 脳を興奮させ、性欲を起こさせる男性ホルモンが量、質ともに十分なこと
  2. ペニスの海綿体に張り巡らされた血管を目いっぱい拡張して血流量を最大限にすること

これさえできれば、からだの内側から勃起力を最大限にしてペニスを大きくすることも夢ではありません。

肉体と精神両方のパワーを高めれば、自分自身の力で強いペニスを作り上げることも不可能ではないのです。

 

4-1.男性ホルモンを活性化し、ペニスのパワーを強化するサプリメント

男性ホルモンのテストステロンはボディビルやプロスポーツのドーピングとして知られるステロイド・ホルモンのひとつです。

しかし、そもそもテストステロンは体内にあって非常に重要な役割を果たすホルモンであり、体内の有効量が減少すると筋肉量と筋力を低下させ、肥満や糖尿病など生活習慣病の発症にもつながります。

また、性欲をつかさどる脳の働きにも影響するので、テストステロンの低下はうつ病や認知症の原因にもなります。

EDの原因のひとつにストレスがありますが、ストレスによってテストステロンの量が減ることでEDになってしまうことはよく知られています。

体内のテストステロンには、テストステロン単体で存在するフリーテストステロンと、アルブミンというたんぱく質と結合しているタイプ、グロブリンというたんぱく質と結合しているタイプの3種類があります。

このうち、全体の数パーセントしか存在しないフリーテストステロンだけが細胞内に入り込み、各種たんぱく質の合成を促進することができます。

アルブミンと結合しているテストステロンは全体の20~30%を占め、細胞の外からさまざまなシグナルを送り、細胞を活性化させていると考えられています。

残念なことに、全体の50~70%と最も多いグロブリン結合テストステロンは不活性型で、このタイプが増えると男性ホルモンとしての機能が低下してしまいます。

有効なテストステロンが低下すると、気力や活力が失われる「男性更年期」となり、治療にはテストステロンを注射する「ホルモン補充療法」が用いられます。

しかし、近年では副作用の恐れがあるホルモン補充療法に代わるハーブの存在が医学界から注目を浴びています。

その代表格がマレーシア原産のトンカットアリという植物で、現地では古くから男性向けの精力剤、強壮剤として利用されてきました。

マレーシア政府と米国マサチューセッツ工科大学が共同で行った研究では、トンカットアリの根から抽出された成分がテストステロン値を増加させ、精子の量や運動性能も向上させた、と報告されています。

男性のテストステロンはそのほとんどが睾丸にある精巣でつくられますが、マレーシア大学の研究室によると、1週間のトンカットアリ服用で精巣でのテストステロン合成が約5倍に増加した、としています。

また、韓国の研究者によればトンカットアリのEDへの効果は高麗人参の5倍に相当する、としています。

トンカットアリは人による食経験が長く、安価で安全性の高いハーブとしてEDや男性更年期への適用が期待されています。

 

⇒【トンカットアリ高配合】ペニス増大サプリランキングはこちら

 

4-2.もうひとつの増大ホルモン「DHEA」を増加させるサプリメント

タイのメコン川流域に自生するアカガウクルア(別名ソフォン)も、トンカットアリ同様、現地では男性向けの強壮強精剤として、あるいは催淫剤として古くから利用されてきました。

そんなアカガウクルアの精力増強作用はDHEAデヒドロエピアンドロステロンの増加によるものであることが、日本の製薬会社とタイのチュラロンコン大学の共同研究で解明されています。

DHEAはテストステロンの原料となるステロイドホルモンで、若返りホルモンともいわれています。

DHEAもテストステロン同様、加齢によって減少しますが、長寿者ではDHEAの体内濃度が高いことも明らかにされており、DHEAを増やすことが老化を防ぎ長寿につながると考えられています。

また、チュラロンコン大学がバンコクの総合病院と共同で行ったED患者向けの臨床試験では82.4%の患者でEDの改善がみられました。

この試験結果から、アカガウクルアはバイアグラなどのED治療薬と同じメカニズムでEDを改善していると考えられています。

バイアグラの効果のメカニズムについては後述しますが、トンカットアリには男性ホルモンの量を増やして活性化させる機能が、アカガウクルアにはホルモンの作用に加えて海綿体の血流を促進する機能があることが確認されているのです。

これらのハーブは副作用を持つ医薬品ではなく、サプリメントとして入手することが可能です。

特定の薬理成分を抽出した医薬品と違い、安全で安価な食品として摂ることができる点もサプリメントの魅力です。

 

4-3.ペニスの血管を最大限に押し広げ、強靭なペニスを作り上げるサプリメント

勃起時のペニスの海綿体では、無数の毛細血管が目いっぱい拡張して大量の血液で満たされています。

脳から発信された勃起信号がペニスの海綿体にある神経に作用すると、血管を取り巻く平滑筋という筋肉組織で一酸化窒素(NO)がつくられます。

勃起の原動力となるNOの原料はアミノ酸のアルギニンですが、肉や魚に含まれるアルギニンは体内で別のたんぱく質を合成するのに使用されてしまいます。

しかし、同じアミノ酸の仲間でありながら、たんぱく質合成に使われないシトルリンは、そのほとんどが体内でアルギニンに変換されます。

海綿体を勃起のエンジンに例えるなら、アルギニンは燃料、シトルリンは燃料を作りだすエネルギー源といっていいでしょう。

シトルリンを積極的に摂ることで、海綿体に燃料を十分に補給し、勃起の爆発力を高めることができるのです。

シトルリンこそ、最も安全で確実な増大機能を持つサプリメントなのです。

 

⇒【徹底分析】話題のペニス増大サプリ 最新調査結果はこちら

 

まとめ

ペニスの増大は全世代共通の男の悩みですが、その道のりは思いのほか険しいものです。

増大手術には多額の費用と術後のリスクが伴いますし、増大器具は長時間の使用を毎日継続しなければならず、その忍耐と苦痛は耐えがたいものがあります。

チントレも毎日欠かさず行うのが大前提で、その割に目に見える効果はわずかで、気休め程度にしかなりません。

これらの方法の中で、もっとも安全で確実なペニス増大法は、世界各国の医療機関や教育機関で機能性が検証されている機能性素材を使用したサプリメントと考えて間違いないでしょう。

NOによる勃起のメカニズムは、海綿体の平滑筋をゆるめるシグナル伝達物質を大量に発生させ、血管を一斉に拡張させて大量の血液を流入させることによります。

実はこのとき、シグナル伝達物質を分解する酵素も分泌されます。

この酵素のおかげでセックスが終わると勃起が収まるのですが、EDの場合はシグナル伝達と同時に酵素が働いてしまうため、血管が拡張せず十分の勃起に至りません。

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬はこの酵素が働かないようにして勃起を助けているのですが、アカガウクルアも同じ機能を持つと考えられています。

テストステロンを増やすトンカットアリ、NOとなってシグナル伝達物質を活性化するシトルリン、シグナル伝達物質分解酵素の働きを抑えるアカガウクルア。

これらのほかにもマカや高麗人参など勃起力を強化してペニスの増大につなげる機能性素材は多く存在します。

あなたが安全に、かつ手軽にペニスの増大を望むなら、まずはこうしたサプリメントを試してみることをお勧めします。

これらの成分を配合した、さまざまなペニス増大サプリを評価分析してランキングにしているサイトがありますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

ペニス増大は1日にしてならず、しかし道がないわけではありません。

ひとり思い悩むより、まずは安全で効果の高い方法から試してみてください。

 

⇒【徹底分析】話題のペニス増大サプリ 最新調査結果はこちら

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!