ちんこを簡単に硬くする方法|勃起時硬さアップの秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペニスの硬さに悩む男性

勃起したときのペニスの硬さについて「最近力がない」「握ったときに柔らかい」「たまに中折れする」というお悩みをお持ちの方はありませんか?40代を過ぎてから、30代のころの自分を100%とすると「ペニスの硬さが70%、いや60%かな?」と感じる今日この頃…。

年だから仕方ない、と半ばあきらめ気味の方もいらっしゃることでしょう。

しかし、勃起障害というのは年齢を重ねれば必ず起こる、というものではありません。

確かに、年齢も大きな原因の一つではありますが、原因はほかにもいろいろあり、40~50代、いや、60代以上でもまだまだ硬さを回復する道は残されているのです。

気持ちがしょげていてはペニスも頭を上げることができません。

前向きな気持ちが硬さ回復の第一歩です。

この記事を読んだあなただけに、勃起時の硬さを取り戻す秘訣を伝授いたしましょう!

勃起時のペニスの硬さを測る基準とは?

「勃起時のペニスの硬さ」の程度によっては、ED(勃起障害)と診断されることもあります。

EDの定義とは「性行為を行うのに満足な勃起が得られない、あるいは維持できない」とされています。

しかし、20代の若者でもそのときの体調や精神状態によっては、ED状態に陥ることもあるでしょう。

そこで、勃起時のペニスの硬さを基準にするとともに、その頻度がEDの度合いの決め手となるのです。

これがEDの問診票に使用されるIIEF5という勃起機能スコアで、5つの質問に対して5段階の回答で点数を決めます。

  • Q1.勃起を維持する自信の程度
  • Q2.挿入可能な勃起の頻度
  • Q3.挿入後の勃起を維持できた頻度
  • Q4.セックスが終わるまで勃起を維持できた頻度
  • Q5.満足にセックスができた頻度

かんたんに言うと2回に1回の割合で最後までセックスができないならば中等度のEDと診断されます。

また、勃起時のペニスの角度が90度より下の場合、機能性EDの恐れがあるとしています。

勃起時の硬さを食べ物に例えるEHS

IIEF5以外にもEDの程度を評価する基準があります。

それが勃起硬度測定評価(EHS)というもので、かんたんにいうと勃起した時のペニスの硬さを食べものに例えて評価する方法です。

質問はたったひとつ、「あなたは自分の勃起の硬さをどのグレードに評価しますか?」というもので、その回答は以下の通りです。

  • グレード4(最高ランク)リンゴ:ペニスは完全に硬く、硬直している
  • グレード3 グレープフルーツ:ペニスは挿入には十分硬いが、完全に硬くはない
  • グレード2 みかん:ペニスは硬いが、挿入に十分なほどではない
  • グレード1 こんにゃく:ペニスは大きくなるが、硬くはない
  • グレード0 例えなし:ペニスは大きくならない

いかがですか?セルフチェックでEHSグレード0~2と自己判定される方にはメンズクリニックや泌尿器科の受診をお勧めしますが、グレープフルーツ以上リンゴ未満であれば、ぜひ自力での「硬さの回復」を試みていただきたいと思います。

勃起時の硬さ不足を招く要因とは

くり返しますが、EDは勃起時のペニスの硬さと、セックスが満足に行えるかどうかの頻度によって診断されます。

しかし、EDとはペニスだけに生じる問題ではなく、精神面も含めた全身の状態によって引き起こされるものです。

最大の原因は加齢ですが、それについても個人差があり、同じ年齢でも老化の度合いは異なるものです。

加齢に次いでEDのリスクを高める要因は、喫煙、メタボ、糖尿病、高血圧等が上位を占めています。

EHSグレード2以下の方の生活習慣や持病などを分析した結果、1日に2箱以上の喫煙でEDリスクは1.7倍に高まるとされています。

以下、メタボリックシンドローム1.4倍、糖尿病1.4倍、高血圧1.2倍となっています。

メタボ体型で血糖値が高めの喫煙者は、タバコを吸わない標準体型の男性に比べてはるかにEDのリスクが高い、といえるでしょう。

ペニスが硬くなるメカニズム

勃起というのは、男性特有のものかというとそうではなく、女性もクリトリスや乳首が勃起します。

しかし、頭の中でエッチな妄想をするだけで勃起するのは男性のペニスだけで、乳首やクリトリスは機械的な刺激がないと勃起しません。

つまり、ペニスを勃起させるためにまず最初に必要となるのは男性特有の「スケベ心」だといえるでしょう。

しかし、若いころはちょっとした刺激でも興奮して勃起したのに、年齢を重ねて経験を積むに従い、刺激にも慣れてしまいます。

いかにして脳がエッチな刺激に敏感に反応するか、これこそが勃起に欠かせない最初のトリガーなので、普段から大いにスケベ心を養っておきましょう。

男性がエッチな刺激を受けて脳が興奮すると、ペニスに向けて勃起信号を発信します。

この信号が脊髄を通り、骨盤を経由してペニスの神経に到達すると、海綿体の神経に作用して勃起がスタートします。

ところで、ペニスには骨もなく、ふだんはぐんにゃりとしているのに、なぜ勃起するとあんなに硬く大きくなるのでしょうか。

ペニスは基幹となる太い動脈と静脈、それに海綿体と呼ばれる毛細血管の集合体から構成されています。

毛細血管を含め、動脈の血管はペニスに限らずすべて平滑筋と呼ばれる筋肉でできています。

この平滑筋はゴムホースのようなもので弾力性があり、血管は平滑筋の動きに応じて拡がったり縮んだりします。

血管が縮んだときの血圧を収縮期血圧といい、俗に「上の血圧」といわれます。

逆に血管が拡がったときの血圧は「下の血圧」で、健康診断などでいう至適血圧は上が130mmHg未満、下が85mmHg未満とされています。

血管が拡がれば当然、血管内を流れる血液の量は増えますし、逆に縮めば血流量は減少します。

ペニスの勃起は海綿体にある無数の毛細血管が同時に拡がって、多くの血液が集中することで起こります。

つまり、ペニスでは血管が最も大きく広がり、かつ「下の血圧」が最大になったときが勃起状態であり、このときの血圧は「上の血圧」をはるかに上回ります。

ある論文によると勃起時のペニスの血圧は500mmHgにも上るとしています。

単純に生理的なメカニズムから考えれば、ペニスに集まる血液の量を増やせば勃起したときの硬さを増すことができることになります。

勃起時の硬さをアップする方法その1「バイアグラ」

バイアグラは、ED治療薬の代名詞的な存在で、実際にEDと診断された場合、最初に選択される治療法です。

ほかにも、バイアグラと同じ作用メカニズムを持つレビトラ、シアリスといったED治療薬があります。

特に近年では安価なジェネリックや口の中で溶かすタイプなど商品の種類も増えており、より身近な存在となっています。

バイアグラをはじめとするED治療薬は非常に効果が高く、臨床試験でのED改善率は約70~85%と報告されています。

一方で他の薬との併用や、心臓病・脳卒中などの病歴がある場合には命にかかわる重い副作用を現すことがあります。

アメリカでの発売当初、バイアグラは「夢の薬」としてもてはやされましたが、発売からわずか1年足らずで約130人の死亡例が報告されました。

日本でもバイアグラが承認される前に個人輸入で服用した人が死亡した例が報告されています。

バイアグラに限らずレビトラやシアリスも同様で、これらのED治療薬は適切に使用すれば安全に高い効果を得られますが、少しでも使い方を間違えると死の危険にさらされる恐れがあります。

また、近年では個人輸入代行業者を利用してバイアグラなどのED治療薬を入手する人が増えていますが、正規品を製造する製薬会社が調査したところ、個人輸入薬の約4割が偽物という結果が出ています。

こうした偽薬には医薬品成分が含まれていなかったり、ねずみ退治用の殺鼠剤が含まれていたり、プリンターのインクで色付けされているなど、健康被害に遭うリスクは計り知れません。

偽薬の世界的な取引額はおよそ8兆円といわれており、大規模な密売組織が関与しているといわれています。

いずれにしてもED治療薬は医師の指導のもとで適切に使用しなければ命を脅かす危険があることをご承知おきください。

また、一度クスリの力に頼ってしまうと、クスリがないと勃起できないようになってしまい、自力での勃起力回復の望みが絶たれてしまう恐れがあります。

今現在、挿入できるだけの硬さを維持できているのならば、クスリに頼らず自力で硬さを取り戻すことをお勧めします。

勃起時の硬さをアップする方法その2「コックリング」

コックリングペニスリング、あるいはペニスバンドなどと呼ばれる器具があるのをご存じでしょうか。

ペニスの根元を締め付けて血液が戻らないようにするためのリングで、ゴムやシリコン、金属などいろいろなタイプがあります。

リングの周囲に突起があるものや、電動バイブレーターが組み込まれているものなどもあり、大人のおもちゃ的な印象がありますが、もともとはれっきとした医療機器としてEDの治療に使用されていたものです。

医療用のコックリングは「陰茎陰圧式勃起補助具」の一部として使用されていたもので、ペニスの根元にあらかじめリングをはめておいてからペニスにシリンダーをかぶせ、シリンダー内を減圧して海綿体に血液を引き込む、というメカニズムです。

半ば強引に血流をペニスに集め、リングによって血液の逆流を防いで勃起を維持する、というこの装置は、およそ90%の患者にセックス可能な勃起状態を作り出すといいます。

しかし、セックスの前の準備が大変で、使用者からは大いに不評を集めていました。

このメカニカルな勃起補助具は、バイアグラの登場とともに製造中止となりましたが、コックリングは健在です。

それなりに効果があり、お手軽なコックリングは人気の高い商品ですが、「使用時間に制限がある」という最大の弱点があります。

「陰茎陰圧式勃起補助具」もそうですが、使用時間を「30分以内」としているコックリングが大半です。

なぜならば、締め付けることによって血液の循環が止められてしまうからです。

人体の一部で血液の循環が止まるとどうなるか?正座をした時の足のしびれを思い出してみてください。

「陰茎陰圧式勃起補助具」の副作用には、ペニスが冷たくなる、ペニスのしびれや痛み、内出血、射精障害などが報告されていますが、血液の循環が止められたまま長時間が経過すると、最終的にその組織は壊死してしまいます。

勃起が4時間以上続く状態を持続勃起症といい、尿道の狭窄、海綿体の断裂、そして最終的にはペニスの壊死に至ります。

実際にリングが取れなくなって救急搬送される例も少なくありません。

ペニスリングも使用上の注意を守らないと悲惨な結果を招くことになりますので、ご注意ください。

勃起時の硬さをアップする方法その3「チントレ」

チントレという言葉を聞いたことがあるでしょうか?一般的にはペニスのサイズを大きくするために引っ張ったり、手や器具でこすったりすることをいいますが、ここでは硬さを増すための筋力トレーニングを「チントレ」と呼ぶことにします。

勃起のメカニズムについて、勃起は海綿体の血流が増加することで起こる、と説明しましたが、もう少し詳しくご説明しましょう。

海綿体の根元は左右に分かれており、それぞれが坐骨結節ざこつけっせつという骨盤の骨にくっついています。

つまり、ペニスの根元はしっかりと骨盤に固定されているのです。

そして、二股に分かれた部分の海綿体陰茎脚といい、この部分は坐骨海綿体筋という筋肉で覆われています。

勃起時には坐骨海綿体筋が収縮して陰茎脚を圧迫するため、海綿体の血管が最大に拡がっているにも関わらず、ペニスは硬くなることができるのです。

血管を取り巻く平滑筋は自分の意志で収縮させることはできませんが、坐骨海綿体筋は横紋筋という筋肉で、ある程度自分の意志で動かすことができます。

つまり、坐骨海綿体筋を自分の意志で収縮させることによって、コックリングと同じようにペニスの根元を締め付けて、より硬い勃起にすることが可能なのです。

坐骨海綿体筋は骨盤にあるそのほかの筋肉と合わせて、骨盤底筋群と呼ばれます。

中年期以降の女性では骨盤底筋群が弱くなり、尿もれの原因になることで知られています。

以下に、男性向けの骨盤底筋群トレーニングの一例をご紹介しましょう。

  • 裸で鏡の前に立ちます。
  • 肛門を締めながら陰嚢玉ぶくろを上に引き上げる。
  • 10秒間静止する。
  • 10秒間全身の力を抜く。

毎日10回を10セット行う。

注意すること:息を止めない、お尻の筋肉を締め付けない、腹筋を使わない

硬さを増すための「チントレ」は継続することが最も重要です。

毎日欠かさず行いましょう。

勃起時の硬さをアップする方法その4「生活習慣の改善」

EDが起こる最大の危険因子は加齢ですが、喫煙、メタボ、高血圧、糖尿病も大きな原因です。

自分はメタボじゃないし、血圧や血糖値は少し高めだけど、まだ病気じゃないから大丈夫、と思ったら大間違いです。

1年に1回の健康診断で検査数値に変化が現れなくても、肉体にはじわじわと日々のダメージが蓄積されているのです。

喫煙がなぜ勃起に影響するのか?

日本泌尿器科学会が発行しているED診療ガイドラインによると、世界各国の研究結果から喫煙者のEDリスクは非喫煙者の約1.5~1.7倍としています。

また、1日に吸うタバコの本数とEDのリスクは相関関係にあるとしており、1日に20本を越えるとEDリスクは急増することがわかっています。

なぜ、喫煙がペニスの勃起を妨げるのか?ひとつにはタバコを吸うと交感神経が優位になり、心身の緊張をもたらす点にあります。

心身の緊張は血管を収縮させ、血流量を減少させますので、勃起にタバコは厳禁といえるでしょう。

しかし、それよりも恐ろしいのが長年の喫煙により、血管の内側の組織=血管内皮細胞が傷つき障害される点にあります。

タバコの煙には多くの活性酸素が含まれており、血管の内皮細胞を傷つけ動脈硬化を促進するのです。

ほかにも喫煙は、悪玉コレステロールを増やしたり、血小板を集まりやすくしたりすることで血液をドロドロにします。

さらにインスリンの効きを悪くして血糖値を上昇させ、糖尿病のリスクも高めます。

血管を傷つけ、血流を阻害する喫煙は正常な勃起を妨げる最大の危険因子なのです。

メタボと糖尿病、高血圧の関係

メタボリックシンドロームとは高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上が同時発生している状態で、多くは食生活の乱れと運動不足により引き起こされます。

糖尿病患者のED発生率は35~90%と非常に高く、発症時期も健康な人より10~15年早いといわれています。

糖尿病は毛細血管を障害して直接勃起に影響するほか、性腺障害も引き起こして性機能を低下させます。

高血圧は血管のうちがわに絶えず強い圧力をかけている状態で、疲弊した動脈は徐々に硬くなり、亀裂や破裂を起こしやすくなります。

肥満はヒスタミンなどの炎症物質を分泌して、血管の内側に炎症を起こして内径を狭めてしまいます。

これらの慢性病は、感染症のようにある日突然発症するのではなく、何年、年十年とかけてゆっくりと体を蝕んでいくのです。

糖尿病も高血圧も発症すると完治することはなく、一生クスリで症状を抑えていくほかありません。

言うまでもなく、ペニスの毛細血管もダメージを受け、ED治療薬なしでは満足にセックスもできない状態へと追い込まれていくのです。

手遅れにならないうちに禁煙、そして食生活と運動習慣を改善しましょう。

勃起時の硬さをアップする最強の方法「シトルリン・サプリ」

ここまで、勃起時の硬さをアップする方法としてED治療薬、コックリング、チントレ、生活習慣の改善をご紹介してきましたが、いずれの方法にも一長一短があります。

そこで、最後に最も確実で簡単にペニスを硬くする方法をご紹介いたします。

ペニスが勃起するのは、勃起信号によって平滑筋がゆるみ、血管が拡張して大量の血液が海綿体に流れ込むからです。

バイアグラなどのED治療薬がなぜ高い効果を現すのか、それは薬効によって血管を拡げる作用があるからです。

脳から送られた勃起信号がペニスに到達すると、海綿体の血管を取り巻く平滑筋をゆるめる作用を持つ物質が放出されます。

この物質こそが一酸化窒素(NO)で、勃起のためになくてはならないcGMPという神経伝達物質を活性化するのです。

しかし、cGMPが大量に発生するとcGMPを分解する酵素(PDE5)も同時に発生してしまいます。

バイアグラなどのED治療薬は、cGMPが分解されないようにPDE5を抑え込む薬なのです。

cGMPを活性化させるNOはアミノ酸のアルギニンから作られます。

アルギニンはたんぱく質に含まれる必須アミノ酸で、体内ではNOをつくりだす以外にもさまざまな用途に消費されてしまいます。

そこで、体内で不足しがちなアルギニンを補うのが、シトルリンなのです。

経口で摂取されたシトルリンのほとんどがアルギニンに変換されるため、アルギニンを摂取するよりも体内のアルギニン量を高めてくれるのです。

また、シトルリンには抗酸化作用があり、NO産生を妨げる活性酸素を除去する働きがあるとされています。

シトルリンはスイカなどウリ科の植物に多く含まれますが、サプリメントで摂るのが最も効率的です。

また、アルギニンを同時に摂取するとより効率がよくなり、マカやアカガウクルア、トンカットアリなどの男性ホルモンや内分泌系に働きかける強壮ハーブと一緒に摂ることで、脳が勃起信号を発信する勃起スタートからの改善も期待できます。

 

わかりやすく言うと、ペニスの硬さを高める最速かつ確実なメソッドは、従来の栄養素サポート健康食品であなたのカラダの内側の環境を正常化しつつ、ペニス(陰茎)への血液循環促進をガツンとアップさせる「L-シトルリン」高配合の専用サプリメントを摂取する事だと言えます。

 

余談ですが、L-シトルリンはウリ科の植物のスイカやメロンなどより抽出する事で実現します。

少し前までは極めて効能効果が高かったせいで医薬品指定の規定で、いわゆる健康補助食品(サプリメント)には配合が認められていませんでした。

~が、次第に見直されて医薬品指定が解消され健康食品となるサプリメントに含有可能になったというわけです。

これは別の角度から見れば、

陰茎の血液循環活性化~ペニスの硬さと勃起力を体現化可能な、それでいて副作用が存在しない天然成分の中に於いては、「L-シトルリン」が格段に即効性があり優れている

という事です。

※L-シトルリンの他に、単純に「シトルリン」と呼称するケースも見受けられますが、L-シトルリンは天然由来の成分であって、シトルリンは天然由来とは異なるシトルリンといった主旨だけです。
しかしながら、カラダに有効性の高いのは天然由来のシトルリンのみですから、L-シトルリンと記載されたサプリでないと効果は期待できないでしょう。

この様に、高水準の効能をもたらすL-シトルリンですが、世の中には星の数ほど粗悪なサプリが蔓延しているという現実があります。

そこで当HPでは「L-シトルリン」高配合サプリメント(精力剤/ペニス増大サプリ)に関して、市場に出回る商品を徹底分析、効果の見込める可能性が最も高い商品を3つに厳選、ランキング形式にまとめました。

ぜひ合わせてご覧下さい。

 

⇒【最新ver】シトルリン配合密度分析によるペニスが硬くなるサプリランキングはこちら

 

まとめ

勃起時のペニスの硬さをアップする方法のうち、ED治療薬は効果が高く即効性がありますが、副作用やニセ薬による健康被害のリスクは命にかかわるレベルのものです。

コックリングは安価で手軽に利用できますが、30分間という時間的な制約があります。

チントレは安全で副作用もありませんが、地道なトレーニングを長い期間継続して続けないと効果がありません。

生活習慣の改善については、生活習慣病患者の多さから見ても簡単そうでむずかしいことがよくわかります。

これらを総合的に判断すると、比較的安価で効果が高く、副作用など安全リスクが最も低いのはシトルリンのサプリメントといえるでしょう。

強壮系のハーブと同時に使用すれば、さらに相乗効果を発揮してくれるはず。

みなさんも試してみるなら、まずはシトルリンのサプリメントから始めてみてはいかがでしょうか?

 

⇒【最新ver】シトルリン配合密度分析によるペニスが硬くなるサプリランキングはこちら

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!