勃起力アップ、精力増強方法7選|勃起の持続力を回復したい方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
勃起力アップ、精力増強方法7選

年齢が40代、50代に差し掛かると多くの男性が精力の減退を感じるといいます。

一方で女性は30歳からが性欲の上り坂、熟女の域にかかろうかという年代の女性なら2回戦目を求められても不思議はありません

しかし、残念ながら2回戦目はおろか、1回戦も途中棄権の恐れがある男性も中にはいらっしゃることでしょう。

なぜ、年齢とともに精力や勃起力は衰えるのか?精力を増強し、勃起の持続時間を延ばす勃起力アップの方法はないものか?若かりし頃の自分をよみがえらせるために、勃起力をアップさせる精力増強法をご紹介しましょう。

人はなぜSEXをしたいのか?

そもそも、人はなぜSEXをしたいと思うのでしょうか。

この世の中に雄と雌、男と女が存在するのは生殖をするためです。

子々孫々、遺伝子を伝え続け種を存続させるために、男女の性は存在し、新しい生命を生み出していくための性衝動、つまり性欲があるのです。

こうした性行動を支配しているのは脳ですが、性衝動を呼び起こし生殖行動を起こすためには性的な刺激と性ホルモンが必要となります。

性的な刺激は見たり、聞いたり、触れたり、においをかいだりすることで脳を性的に興奮させます。

しかし、性的な刺激を受けても性ホルモン、特に男性ホルモン(テストステロン)の体内量が十分でないと、性的に興奮することができません。

性的な能力、男性でいえば勃起する能力を維持するためには、性的な刺激にきちんと反応できるだけのテストステロンが必要です。

男性ではテストステロンのピークは20歳前後で、その後は徐々に分泌量が減少していきます。

男性のテストステロンは40歳を過ぎるとピーク時から半減するといわれていますが、加齢だけでなく仕事の上でもプライベートでも社会的責任が増し、ストレスが増えることも大きな要因と考えられます。

一方、男性と比べると女性のテストステロン分泌量はかなり低く、その量は60歳ごろまで大きな変化はないとされています。

しかし、女性は加齢とともに女性ホルモンの分泌量が減少していくため、バランス的にテストステロンが優位になっていきます。

量的には増えませんが、相対的にテストステロンの割合が高まるため、女性は30歳を過ぎるころから性欲が強くなる、と考えられているのです。

かつては日本でも生涯に5人以上の子供を持つ女性が珍しくありませんでした。

しかし、非婚化、晩婚化が進んでいる現代では、子供の数はゼロ~2人未満が圧倒的多数を占めます。

女性の生理は排卵に伴う女性ホルモンの量的変化によってもたらされますが、妊娠中は排卵がストップするため、生理も、それに伴う女性ホルモンの変化も停止します。

しかし、女性の体内にある卵子の数には限りがあるため、妊娠期間がほとんどない現代女性は、排卵が止まることなく続くため閉経時期が早まります。

すると早い段階で女性ホルモンの減少が始まり、相対的にテストステロンが優位となるため、女性の性欲を高めることになります。

テストステロン量の推移をグラフ化すると、加齢に伴い減少していく男性とは逆に、女性は上昇線を描いていくことになるのです。

中高年期を迎える男性が30歳以降の女性の要求に応えるためには、テストステロンを高めて精力を増強し、さらに勃起を持続させるための勃起力アップが必須となってくるのです。

勃起力をアップするための必須条件

勃起力をアップし、維持するためには二つの必須条件があります。

ひとつはテストステロンの量を増やすこと

そしてもう一つはペニスに集める血流量を増やすことです。

若いころは脳や臓器も元気でホルモンの分泌もスムーズに行われ、血管もしなやかで弾力に富んでいるので血流も十分に集めることができます。

ところが、肉体が衰えてくると臓器の働きも鈍くなり、血管も硬くなって血流量が減少します。

つまり、年齢を重ねても肉体が健康ならば、ホルモンも十分できちんと勃起することが可能となるのです。

では、勃起を維持向上するための二つの必須条件を満たす方法をご説明します。

1.テストステロンを増やして精力を増強する方法

いわゆる精力減退の最も大きな原因がテストステロンの減少ですが、テストステロンには性欲をコントロールするだけでなく、実にさまざまな働きがあります。

筋肉と筋力の維持、皮膚や毛髪の育成、動脈硬化の予防など肉体的な役割から、男性の狩猟本能である攻撃性、生きるための活力、前向きな思考など精神的にも必要不可欠なホルモンです。

テストステロン値の低下は、EDをはじめ、うつ病、認知症、骨粗しょう症、メタボリック症候群などを引き起こすといわれています。

逆にテストステロン値の高い人は、男女問わず社交的で頭の回転が速く、社会的な成功を収めることが多いとされています。

そんなテストステロンを増やすにはどうすればいいのでしょうか。

精力増強法その1.ホルモン補充療法

加齢によってテストステロンが著しく減少する症状をLOH症候群加齢性性腺機能低下症といい、医療機関での治療の対象となります。

100種類以上ある血液中のたんぱく質の中には、細胞やホルモン、体内に侵入した病原体に結合するアルブミンやグロブリンというがあります。

血液中のテストステロンの状態には、テストステロン単体で存在しているもの、アルブミンと結合しているもの、グロブリンと結合しているもの、の3種類がありますが、このうちグロブリンと結合しているテストステロンは性ホルモンとして機能しない不活性型のテストステロンです。

簡単にいうと「使えないテストステロン」で、日本人のLOHでは全体的なテストステロンの量は変わらず、この「使えないテストステロン」の割合が増えていくタイプが多いといわれています。

LOHと診断された場合、注射によるテストステロン補充療法が選択されることが多いのですが、注射から約2週間でテストステロンは注射前の状態まで低下してしまうため、2~3週間ごとに継続して注射による治療を行わなければなりません。

かつていわれた前立腺がんなどの副作用は現在否定されていますが、この治療法は自力でのテストステロン分泌を抑制するので、一度始めたら生涯注射を続けなければなりません

LOHの原因として機能的なものよりもストレスの占める割合が大きい40~50代にはあまりおススメでない方法です。

精力増強法その2.運動・食事・睡眠

有酸素運動を行うとテストステロンの分泌が促進されます。

特に、激しい運動だとより多くのテストステロンが分泌されることが知られています。

しかし、有酸素運動による分泌量の上昇は一過性のもので、ベースとなるテストステロンの量が底上げされるかどうかは明らかにされていません。

一方、筋力トレーニングは有意にテストステロン値を上昇させることが知られています。

筋トレによって筋肉量が増え、筋力が増すとテストステロン値はアップします。

特にスクワットなどの下半身トレーニングがお勧めです。

食事では筋肉のもととなる良質のたんぱく質を多く含む肉類を積極的に摂りましょう。

肉を食べる行為そのものが精神的な高揚をもたらし、テストステロンの分泌を促す効果もあります。

また、牡蠣に豊富な亜鉛もテストステロンに欠かせないミネラルです。

また、アルコールと睡眠不足はテストステロン値を低下させます。

テストステロン値の高い男性は酒を好む傾向がありますが、「飲みすぎて寝不足」という状態はテストステロン値を急降下させてしまいますので要注意です。

アルコールはほどほどにして早寝早起き、十分な睡眠と健康的な食事に、週に3日は筋トレのためにジム通いをする…どうですか?まさに、継続はチカラなり、ですね。

精力増強法その3.トンカットアリ

精力増強」というとスッポンやオットセイ、あるいはニンニクや高麗人参などをイメージされる方も多いことでしょう。

しかし、スッポンやオットセイにテストステロンを増やす働きは確認されていません。

乾燥させたニンニクはテストステロン値を上昇させるという報告がありますが、生のニンニクは逆に下降させるという報告があります。

高麗人参はEDに有効とするデータがありますが、非常に高価な漢方生薬です。

これらの健康食品以外に、科学的な裏付けがあって実際にLOHの治療に期待が寄せられているハーブがあります。

それがトンカットアリです。

マレーシアやベトナムなど東南アジアの熱帯雨林で育つトンカットアリは、古くから男性向けの精力増強剤として利用されてきました。

マレーシアでは盛んに研究が行われており、2006年に米国マサチューセッツ工科大学と共同で行われた試験で、トンカットアリの根から抽出されたペプチドがテストステロンを増やし、精子の量や運動性を高めて不妊治療を改善したと報告されています。

また、別の研究ではトンカットアリに含まれる「ユーリコマノン」という成分がテストステロンの量を増加させると同時にグロブリンと結合した「使えないテストステロン」の量を減らした、と報告されています。

多くの研究結果からトンカットアリの作用をまとめると、下記のようになります。

  1. テストステロン総量を増やし、不活化テストステロンを減らす
  2. 勃起時の硬さを改善
  3. 性欲の改善と精力増強
  4. 精子の量と運動能の向上
  5. 糖尿病など生活習慣病の予防

どうやら、手軽にできるテストステロン値の改善にはトンカットアリが第一選択肢といってよさそうです。

 

⇒【最新ver】トンカットアリ高配合/勃起力アップサプリランキングはこちら

 

2.勃起力アップ!ペニスに血流を集めて勃起を維持する方法

勃起力をアップし、勃起を維持するための二つ目の必須条件「血流をペニスに集める」ためにはどうしたらいいでしょうか。

勃起のメカニズムをペニスに限って注目してみると、脳からの勃起信号がペニスの神経に伝わることで、海綿体の毛細血管を取り巻く平滑筋がゆるみ、血管が大きく拡張されることで大量の血液を流入させます。

大量の血液で膨れ上がった毛細動脈血管が静脈の血管を圧迫し、血液が戻るのを抑制します。

こうして海綿体の血管に大量の血液が留まることで勃起は完成します。

勃起時の硬さをアップしたいなら、血管を最大限ゆるめてより多くの血液をペニスに集めることです。

そして勃起を維持するためには、血管が収縮せず広がった状態をキープすることです。

では、実際にどうすればペニスの血管を拡げてより多くの血液を滞留させるかをご説明しましょう。

勃起力アップその1.ED治療薬

ED治療薬の代名詞といえばバイアグラですが、実際の診療にはバイアグラ以外にもレビトラシアリスといったED治療薬が使用されています。

発売当初「夢の薬」といわれたバイアグラのデビューからすでに20年が経過しており、2番目に発売されたレビトラもすでに15年目、最も新しいシアリスでも発売から12年が経過しています。

新薬の開発には莫大な投資が必要で、その分が特許料として薬価に反映されます。

しかし、一定期間が過ぎると特許は無効となり、薬価を安く抑えた後発医薬品ジェネリックが市場に登場します。

バイアグラはすでにジェネリックが発売されており、レビトラもそろそろジェネリックが発売されるのではないか、と噂されています。

しかし、ウェブサイトで検索すると、レビトラやシアリスのジェネリックが格安で販売されているのを多く見かけます。

これはいったいどういうことでしょうか。

ネット販売の多くは個人輸入代行業者で、海外製ED治療薬の輸入を代行するのが表向きのビジネスです。

しかし、その実態は輸入代行とは名ばかりの違法販売に近い商売をしている業者です。

海外製のED治療薬は日本ではクスリとして認められていない「未承認医薬品」で、販売すれば違法となります。

そのため「個人輸入代行」と称して販売しているのです。

もうひとつがクリニックでの海外製ジェネリック販売です。

医師であれば海外の未承認薬でも保険適用外の自由診療として患者に投与することが可能で、ろくに診察もせず、海外のED治療薬を売りさばく詐欺まがいのクリニックがほとんどです。

こうしたいかがわしいクリニックやネットで販売されているのは、ほとんどがインド製のED治療薬ですが、大半がジェネリックとは言い難い「コピー薬」です。

インドでは最近まで新薬の特許が認められていなかったため、インド国内にはバイアグラをはじめとするコピー薬があふれているのです。

インドでもすでに特許について法改正が行われ、本来であれば製造が違法なはずのコピー薬ですが、国内ではすでに一大産業となっているため取り締まりに対する反発が強く、政府も見て見ぬふりをするしかない状況です。

バイアグラやレビトラというのは商品名で、薬理成分を持つ化合物の名前は、バイアグラはシルデナフィル、レビトラはバルデナフィル、シアリスはタダラフィルです。

しかし、インド製のコピー薬にはこうした成分が含まれていないものもあり、深刻な健康被害が懸念されます。

薬効成分がまったく含まれないものもあれば、本家の化合物と類似物質ではあるものの、医薬品として認められていない化合物を含むコピー薬も広く流通しており、どのような副作用が起こるかわかりません。

さらに個人輸入代行業者が販売しているED治療医薬のうち、約40%は医薬品ですらないニセモノで、中には殺鼠剤やインクが混ぜられた最悪の粗悪品も摘発されています。

ホンモノを医師の監督のもと正しく使用するのであればまさに「夢の薬」ですが、正規ルートではないED治療薬は勃起の改善どころか命にかかわる健康被害を起こしかねません

勃起力アップその2.コックリング、チントレ

バイアグラが誕生する以前まで、ED治療にはもっぱら物理的なツールが使用されてきました。

それが「陰圧式陰茎勃起補助具」通称VCDカンキと呼ばれるコックリングの元祖とでもいうべきものでした。

ペニスの根元にゴムのリングをはめてシリンダーをかぶせ、ポンプでシリンダー内の空気を抜いて気圧を下げることで、強制的に血液をペニスに集めます。

勃起が完成すると根元のゴムの締め付けによって血流がもどるのを抑え、勃起を維持するというメカニズムです。

このツールを使えば大抵の男性は勃起に成功しますが、ペニスの根元を締め付けて血流を無理やり遮断するため長時間の使用は不可で、いざ挿入、という段階でシリンダーを装着し、ポンプを操作するという状況を相手の女性が受け入れてくれるかどうかが大きな問題です。

正規品である医療機器としてのVCDカンキはすでに生産が終了しており、現在はAmazon等で類似品が販売されていますが、医療器具ではなく「大人のおもちゃ」として扱われています。

根元に装着するリングもさまざまな商品がありますが、いずれも「大人のおもちゃ」の域を出ておらず、効果のほどは不明です。

正常な勃起の場合、リングなどを使用せずとも無意識のうちに自力でペニスの根元を締め付けています。

この部分の筋肉を坐骨海綿体筋といいますが、この筋肉は骨格筋と同じ「横紋筋」と呼ばれる筋肉で、ある程度自分でコントロールすることができます。

坐骨海綿体筋は骨盤にある筋肉のひとつで、骨盤底筋群と総称されます。

この筋肉が弱ると女性では尿失禁などが起きやすくなるため、更年期以降の女性向けにこの部分を鍛える骨盤底筋体操が推奨されています。

骨盤底筋体操は、自力で勃起力を高めるためのチントレにも最適といえますが、一朝一夕には成果を上げることはできません

毎日のトレーニングを休まず継続することが求められます。

勃起力アップその3.アカガウクルア(ソフォン)

脳からの勃起信号がペニスに到達すると、海綿体の血管をゆるめるための指令を伝える情報伝達物質が大量に放出され、血管をゆるめる物質の合成を促進します。

一方で、勃起が始まると同時に、この情報伝達物質を分解する酵素も作られ始めます。

この酵素をPDEといい、バイアグラなどのED治療薬はPDEの作用を弱めることで勃起の手助けを行います。

実は、私たちの身近にもED治療薬と同じくPDE阻害作用を持つ食品があります。

お茶の葉に含まれる苦み成分のテオフィリン、コーヒーなどに含まれるカフェイン、チョコレートの原料となるカカオに含まれるテオブロミンなどが代表的なPDE阻害食品です。

特にカフェインテオフィリンはPDE阻害作用が強く、摂りすぎると頭痛やめまい、過呼吸などを引き起こします。

PDEは1~11までの種類があり、主にペニスで作用するのはPDE5と呼ばれるタイプです。

カフェインやテオフィリンはPDE5だけに作用するわけではないのでバイアグラのような効果はありません。

カフェインなどと同じくPDE阻害作用を持つのが、タマネギやかんきつ類に含まれるフラボノイドです。

タイのメコン川流域に自生するアカガウクルアは、現地で古くから精力増強、勃起力アップに用いられてきた植物で、PDE阻害作用を持つフラボノイドを含んでいます。

タイで行われた、ED患者39人を対象に行われたアカガウクルアの試験では、実に8割以上の患者にEDの改善がみられたと報告しています。

3か月間の試験後、EDの自覚症状が非常に改善されたとする患者が約30%、明らかに改善されたが約18%と約5割に大きな改善がみられました。

アカガウクルアもトンカットアリ同様、科学的な裏付けのある機能性を有しており、今後の活用が期待される注目の成分です。

勃起力アップその4.シトルリン

勃起力をアップし、勃起を維持するには、海綿体の血管をゆるめるための指令を伝える情報伝達物質を大量に作り出す必要がありますが、ペニスでこの情報伝達物質をつくり出しているのが一酸化窒素(NO)です。

そしてNOをつくり出しているのが、アミノ酸の1種であるアルギニンです。

勃起力アップと勃起の維持に欠かせないアルギニンは、肉や魚などのたんぱく質に含まれています。

しかし、アルギニンはNOをつくり出すことだけが仕事ではありません。

ほかにも、身体のたんぱく質を形成するために使われたり、成長ホルモンの分泌を促進したりするなどの大切な役割があります。

そのため、肉や魚を食べても勃起力アップや勃起の維持に直結することはありません

そこで登場するのがシトルリンです。

シトルリンもアミノ酸の1種ですが、たんぱく質には含まれず、血液中や細胞組織に単体で存在する遊離アミノ酸で、その主な役割はアルギニンに変換されることです。

そのため、シトルリンを摂取するとアルギニンを直接摂取するよりも体内のアルギニン量は大幅に増加します。

そして、アルギニンはNOやオルニチンを作り出したあと、再びシトルリンへと変換され、さらにアルギニンへとリサイクルされるのです。

シトルリンがアルギニンに変わり、さらにオルニチンへと変換される過程では成長ホルモンの分泌が活発になります。

成長ホルモンは骨や筋肉を成長させるだけでなく、血管を丈夫にする働きがあります。

勃起力アップや勃起の維持には、しなやかでタフな血管が必要ですから、勃起に対するシトルリンの役割は非常に重要であるといえるでしょう。

 

⇒【最新ver】シトルリン配合密度分析による精力サプリランキングはこちら

 

まとめ~勃起力アップと精力増強のために

遺伝子は自己を保存し、種を存続させるためだけにあるとされています。

遺伝子から見れば、人がセックスをするのは必然であり、セックスができなくなることは存在する意義が失われるのと同じといっていいでしょう。

しかし、人間は他の動物に比べて脳が非常に発達しているため、外界からのさまざまな刺激がストレスとなり、脳の働きを鈍らせます。

また、便利で豊かな現代社会は、メタボや生活習慣病がまん延し、血管を弱らせてしまいます。

しかし、「歳だから」とあきらめるのは早すぎます。

人間は健康であればいくつになっても硬い勃起を維持してセックスに臨むことができるのです。

勃起力アップ、勃起の維持、精力増強は、何歳になっても可能です。

例えば、トンカットアリでテストステロンを強化して精力を増強、加えてアカガウクルアとシトルリンで勃起力をアップし、勃起維持能力を高めることは決して不可能ではありません。

トンカットアリやアカガウクルアをはぐくむ自然のパワーと、シトルリンによる血管力を融合させて、年齢を超えた過去最強の自分に挑戦してみませんか?

 

⇒徹底調査!!【話題の精力剤】分析比較ランキングはこちら

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!